一人静かに時間を過ごす・・・そんなことはなかなか出来ない。さみしい生き物ですよ。男ってやつは・・・愛媛・松山から流れてたどり着いたのだ!

2014/8/8  22:23

これでも市役所には「農地」だと言い切られました  別荘野良仕事

   大したもんです。

   このジャングルが少し開拓されてきました!!!!


   ちなみに「青地」の農地です。この荒地も。農業以外に絶対使用してはいけないらしいです。おかしいですよね!!!

   最初は
クリックすると元のサイズで表示します

         ↓

クリックすると元のサイズで表示します

         ↓
   
クリックすると元のサイズで表示します


 冬までに、300坪行くだろうか!!! まさにフロンティア!

 流石に夏の間は、家の補修にしよう、、、、、、明日も見積もり2社、使い道を決めないとね。

 島の役に立たないと意味がないので!!!


それにしても、松山市農業委員会、農林水産課(市役所内)、愛媛県中予地方局産業振興課などいくらまわって説明しても、「法律で農地」の一点張り。

 この現実を見て、「農地」というのだろうか?ムチャクチャ古い農地の地番だけめくって言われても何の解決にもならない。

 耕作放棄地、荒廃農地は今後増えるに決まっている。高齢化とTPPにおける農業のリスク、補助金だけで実行効率がない名目。

 農転(農地転用)しない限り、周りの家や農地にムカデやハチ、マムシ、やぶ蚊などの害虫の温床であり、高齢化した地主さんは刈りこむことすらできない。

 減反補助金が無くなればより一層激しくなる、この問題をなんとかしなくてはいけない。
 




3



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ