一人静かに時間を過ごす・・・そんなことはなかなか出来ない。さみしい生き物ですよ。男ってやつは・・・愛媛・松山から流れてたどり着いたのだ!

2017/8/13  8:14

死生観  デタデタ.com

これまた、いにしえに思いをはせる。
東京・神泉、とかしっかり調査したのであろうか?
鎌倉・材木座は有名だが、きっとビルの下で、アスファルトの下でひっそりと眠っている墓地はあると思う。
葬送のスタイルは150年周期で大きく変わるといわれる。
これからは、シンプルになるだろうが、ピラミッドや陵、カタコンベ、人柱、即身仏・・・・

死というものの恐怖を人は何とか、逃れようとした死生観を感じる。

生きるということはとても大変だが、やはり頑張って天寿を全うしたいものだ。

万歳突撃、特攻、自爆テロ。。。。

僕は靖国神社の「英霊にこたえる会」会員だが、よく誤解される。
僕は、賛美など欠片もしていないし、「軍神」などという言葉は大嫌いだ。

御霊たちは、二度とこのような悲劇を、悲しみを味わってはいけないという声が聞こえる。

先人の悲しみと、残されたものへの思い、そして残されたつらさ。

それは、「今を生きている我々」にしかできない。

クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ