一人静かに時間を過ごす・・・そんなことはなかなか出来ない。さみしい生き物ですよ。男ってやつは・・・愛媛・松山から流れてたどり着いたのだ!

2012/4/6  15:22

ライフワークバランスなんてクソくらえ!  ラスト


 景気の動向や、不況をいろんな問題定義で責任転嫁しても、結局「自分がやらなければ、自分が落ちぶれる」のである。自己責任である。

 自分の人生につまらないケチをつけないためにも、頑張らなくてはいけない。

 レベルの低い会議といったかぎりは、俺はレベルをあげていくことをしなくてはいけない。

●とてつもない成果をあげるには、とにかく仕事に集中することと、それを猛スピードでやることだ。
「ワーク・ライフ・バランス」が大切!などと言っている人は大した仕事をやっていない可能性がある。

●そんな気になってしまう本。

『マーク・ザッカーバーグ 史上最速の仕事術』である。マーク・ザッカーバーグ(1984年生れ、以下「マーク」)といえば、言わずと知れたFacebookの創業者であり世界最強のSNSを作りあげた人物である。

●30分程度でサクサクッと読めるが、スピード感ある仕事をしようという気にさせてくれるので、もっと仕事を加速したい方にはおすすめの一冊。

●私が興味深く読んだ箇所は次のとおり。

・根拠のある悲観よりは、根拠のない楽観で動け

 「決して難しいことではないのに、それを大学(ハーバード)にやらせてしまうと2〜3年はかかってしまう。僕ならもっといいものがつくれるし、一週間で立ち上げてみせる」

・自信が自分をスピード化する
 ゆっくりやろうとするのはサボタージュである。

・仕事のロール・モデルをもとう。マークのモデルはジョブズ(アップル)だった。

 「週90時間喜んで働こう」とジョブズのチームは仕事が生活の日々をおくった。情熱がたっぷりなければ生き残れない。情熱を傾けられるアイデアや問題を持って集中して働こう。

・省略すると消化が早い。もう削れない、という時に本当の価値があらわれる。

・ミスよりグズを嫌え。「しでかした」は「しなかった」に勝る。

・「感じ」は「数字」にまさる

・解任は採用と同じくらい重要なCEOの仕事。
 常にいい人材ばかりを選べるとはかぎらないからだ。

人の問題を放置すると大きく複雑になってしまう。

・「まあまあ」の人と組むと甘くなる。Aクラスの人材だけでチームを組め。Bクラス以下はチームから排除する。

●いかがだろう。
これらは、一部の業界の一部の企業だけに当てはまる仕事術なのかもしれない。
だが大切なことは、何かを感じ、考え、行動を起こすことだと思う。

感じたよ!!!

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ