2010/5/26

5月のお茶のお稽古  
私が日本にいるタイミングに合わせて、すみこ先生にお稽古していただいているお茶。
今日は、前回のイースター茶会から1ヵ月半ぶりの5月のお稽古でした。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
5月なので、百合の花のモチーフのものがあしらわれていて、水差しやお茶碗もガラスになっています。
さりげない季節感の演出が、日本的でとてもステキです。
。。。が、ステキに付いていけない、できの悪い生徒2人。
「今日は盆略点前を極めたいです!」
実際には柄杓の使い方がわからなくて、前回のお稽古でナナさんも私も頭の中が真っ白になっちゃったの〜。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
まっ、とりあえずは楽しみのお菓子。
主菓子は“のどごし一番”「たねや」の本生水羊羹、口どけがよすぎます♪
干菓子は 京の洛北「貴船川」のきらめきを、白・ピンク・青の三色干琥珀に表現したという「俵屋吉富」のゼリーのようなお菓子と、美しいアイシングのシナモンクッキー。
アイシングを見ると、先週のことを思い出してブルブルっと震えてしまう私(笑)
     クリックすると元のサイズで表示します
さぁ、そしてこれがお茶を点てている私の姿、真剣そのものです。
今日でなんとか盆略点前はマスターできたような気分♪
そもそもお茶を習い始めたきっかけは、フランス各地で買い集めてきたカフェオレボウルと私のお菓子の“シトロン風茶道”で、パリジェンヌの友人たちをおもてなししたかったからなのです。
今年の夏休み、フランスでこの腕前をご披露できるかな?

2010/5/29  1:03

投稿者:シトロン
あゆあゆちゃん♪いつも見てくれてありがとう。

私はぜんぜん情報通でもないし、お店紹介のブログでもないし、笑ってもらえたらそれで十分なのですよ。

TWGに限らず、どのお店も生き残るのは大変でしょうね。
自由が丘で、シンガポールのサロン・ド・テというのはどうなんでしょう?
でも、お店でお会いしたPRの女性(シンガポール在住の日本人です)があまりにステキだったので、あゆあゆちゃん帰任の数年先まできっと大丈夫な気がします。
根拠はないけれど。。。(笑)
私としてはチキンライスの「天天」がオープンしてほしいわん☆

2010/5/28  16:53

投稿者:あゆあゆ
コメントの場所、間違ってますね
ごめんなさい

2010/5/28  16:51

投稿者:あゆあゆ
先生の情報量って、ほんとスゴイですね。

TWGが自由が丘にオープンしたなら、
本帰国後にシンガポールが恋しくなっても、いつでも行けそうですね。

でも、自由が丘には、ルピシアのカフェもあるし、生き残りが大変そう・・・
私が本帰国するのは数年先なのですが、どうか残っていますように・・・

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ