2007/1/29

大好き!クリスティーヌ・フェルベールさん♪  
今回の「サロン・ド・ショコラ」で、一番楽しみだったのは
やはり“コンフィチュールの妖精”フェルベールさん。

もう何年前のことでしょうか、パリから夜行列車に乗って
ニーデルモルシュヴィル村まで行ったのは。
しかも夏時間から冬時間に切り替わる日だったので、「?」
がいっぱいあったのを覚えています。
赤字に白い水玉のジャムの瓶が嬉しくて嬉しくて、しかも
フェルベールさんとお話までできて、両手で抱えきれない
ほど買ったのに、重さを感じなかった私。
今では東京で日常的に買える上に、東京でもお会いでき
ちゃうんですものね。

ハートのパンデピスとハートのサブレがなんてキュートなん
でしょう♪
フェルベールさんほど、ハートの似合う女性はいないんじゃ
ないかしら?

クリックすると元のサイズで表示します

2007/1/30  23:46

投稿者:シトロン
終わってみると楽しい思い出ですが、失敗の経験ばかりです・・・(笑)
トーマスクックの時刻表で調べた、完璧なタイムスケジュールだったはずなのに、そのときはどうして時間が一時間狂っているのか「???」でした。

2007/1/30  13:00

投稿者:ミルキー
へぇ〜!いろいろなご経験があるからこそそういう方
たちとも繋がってゆくんですね。素敵です!
読んでいる私達にまで、風景が浮かんできます。

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ