2015/4/14

【5days Art Challenge @ facebook】 the 5th day  
【5days Art Challenge @ facebook】 the 5th day

facebook上で、<自分の作品を3作品+新たなアーティストをお一人>紹介することを5日間続けるというイベントにお声をかけていただきました。
私も5日間フランス地方菓子のご紹介をいたします。

最終日の今日はプロヴァンス地方です。
https://www.facebook.com/akikonishiyama0716lepetitcitron?fref=nf&pnref=story

1枚目は Tropézienne トロペジェンヌ
      クリックすると元のサイズで表示します
トロペジェンヌは、Saint-Tropezサントロペ生まれのお菓子です。
シロップを塗ったブリオッシュ生地でカスタードクリームとバタークリームを合わせたムースリーヌというクリームをサンドした、リッチなクリームパンという感じのお菓子です。
1950年頃にポーランド人のAlexandre Mickaさんが故郷にあるお菓子を作ったのが始まりで、ちょうど映画“et dieu... créa la femme(素直な悪女)”を撮影中だったブリジット・バルドー に差し入れしたところ、ブリジット・バルドーがあまりに気に入って「トロペジェンヌっていう名前にしたらいいんじやない♡」と名付けたそうです。

2枚目は Calissons カリソン
      クリックすると元のサイズで表示します
カリソンは、17世紀頃から作られているAix-en-Provenceエクサンプロヴァンスの銘菓です。
アーモンドとフルーツ(主にメロン)のシロップ漬けをペーストにしたマジパンベースのお菓子です。
かつてプロヴァンス地方のルネ王とジャンヌ王妃の結婚式の際、カリソンを食べたジャンヌ王妃があまりのおいしさに優しく(calin)微笑まれた、、、ことからカリソンと言われるようになったそうです。

3枚目は Colombier コロンビエ
      クリックすると元のサイズで表示します
コロンビエは、しあわせを象徴する鳩という意味で、キリストの聖霊降臨をお祝いするパンテコート(復活祭後7週目の日曜日)という祝日に南フランスで食べられるお祝い菓子です。
プロヴァンス地方で作られるフルーツの砂糖漬けを、アーモンド風味の生地にたっぷりと混ぜ込み、中に白い鳩の形をしたフェーブを入れて焼く伝統菓子です。
このフェーヴが当たった人は一年以内に結婚できると言われている、ちょっとドキドキするしあわせのお菓子でもあります。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ