2008/5/3

イタリアン・松濤MAR(マル)  
「ハッピーエンドで終わる映画は、本当にいいわね♪」と、二人ともすっごく
いい気分で、次に向かったのは松濤のイタリアン。

現在、なおみちゃんが担当している映画がBunkamuraル・シネマで公開
されていて、このあたりのお店に詳しくなった彼女のお勧めのお店です。
北イタリア料理を中心としたお店は、旬のおいしさであふれていました。

全部食べたい!と思ってしまった魅力的なアンティパストからは3品をシェア。
クリックすると元のサイズで表示します
<左>カジキマグロのマリネ ジェノベーゼソース
<中>プロヴォローネチーズと季節野菜のロースト
<右>彩り野菜のバーニャカウダ
アンチョビやにんにくの香りのバーニャカウダソースがとってもおいしくて、
パンにもつけてもりもり(?)いただきました。
プロヴォローネチーズもはじめてで、トロリとした食感が絶妙!

パスタ類はシェアもせず、お互い食べたいものを独り占め。
クリックすると元のサイズで表示します
<左>ポルチーニ茸のリゾット
<右>ブロッコリーとアスパラガスのタリアテッレ ミモレットの香り
さて、私はどちらを選んだでしょう?

デザートは、メニューにないのに強引に「盛り合わせ、できますよね?」
クリックすると元のサイズで表示します
<前>トルタ・ディ・ジャンドゥーヤ
<中>ナッツのバニラジェラート
<後>マスカルポーネクリームのレモン風味

ファベックスが終わったその日に打ち上げと称して、韓国料理のお店に一緒に
行ってから、わずか3週間(そのうち2週間は、私はシンガポールで不在。。。)
それでもこんなに話すことあるのね(笑)
やっぱり親友と過ごす時間は、本当に楽しくてHappy♪

みなさまステキな連休をお過ごしくださいね。

クリックすると元のサイズで表示します
「松濤マル」
 渋谷区松濤1−27−7 TEL03−3469−6920
 http://www.tamago-net.com/mar/

2008/5/3  23:49

投稿者:シトロン
『松濤マル』知っているのね?
私は今回はじめて行ってきました。
すっごく美味しくて、サービス含めコストパフォーマンスよすぎです♪
谷中ツアーもいいけれど(フフフ、知っているのよ)この渋谷コースもぜひ、ね。
場所がね・・・円山町のど真ん中にユーロスペースという映画館があるので、
ちょっとビックリですが。
ピアニストや女優やコレクターや劇場管理人たちの人生がカフェで交差する
映画は、観終わったあとに「人生っていいな(←大げさ)」と思えるでしょう(笑)
やすこちゃん、ステキな連休を♪

2008/5/3  22:40

投稿者:やすこ☆
わ、素敵なコースだなぁ。
今日は、かえちゃんとデートでした。
映画、ずいぶん見ていないけれど、こういう可愛い映画は大歓迎だなぁ。松涛マル、なんどかチャレンジしているけれど、タイミング合わなくていつもフラレテいるんです。お手ごろだし、よさげなお店ですよね。

2008/5/3  21:26

投稿者:シトロン
おっと、忘れていました。
chi-nutsちゃん、当たり(笑)
キノコ好きの私は当然ポルチーニです。
「モンテーニュ」と「松濤マル」のコース、ぜひお休み中に!!

2008/5/3  21:23

投稿者:シトロン
「ジェイン・オースティンの読書会」観てくれたの?
うぉ〜〜〜、ありがとう♪♪♪
すっごく嬉しい♪♪♪
それが、私の親友が宣伝を担当した映画なのです。
28日には、『ドゥ・マゴ』でチコさんをゲストに呼んで読書に関するイベントも
したみたいです。
「モンテーニュ」は絶対に見るべしだよよ。
本当によかったです。
チラシ、送りましょうか?
ちなみに、『NOMBRE IMPAIRT』というブランドでTシャツも作っていて、
今日タマタカで買ってしまいました(笑)
chi-nutsちゃんもステキな美味しい連休を過ごしてくださいね♪

2008/5/3  18:21

投稿者:chi-nuts
わ〜、先生いいな〜。
(その1)
「モンテーニュ通りのカフェ」観たんですね。
ちょうど1週間前に、ル・シネマで「ジェイン・オースティンの読書会」を観て、始まる前の宣伝で「モンテーニュ」観たいと思ったんですが、なぜかチラシが全然なくて・・・映画館が違ったんですね。ユーロスペース知らないです。でも、きっと先生この映画観るだろうなぁ・・・って思ってました。
(その2)
イタリアン、おいしそうじゃないですか〜!
色々選べるのって楽しいですよね。
ちなみに先生が選んだのは、リゾットですか?
明日は、私も韓国食材を仕入れて韓国料理を食べに新大久保行って来ます!
ステキなお休みを送って下さいね(^^)

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ