2005/8/25

再会  お楽しみ

クリックすると元のサイズで表示します
もともとあった民家を改装してレストランに。
今日は、なんと日帰りで富山まで!!大阪からはサンダーバードで3時間ほど。意外と近いものです。
先日、ある偶然から、十数年会っていなかった友人Mちゃんが、地元の富山でレストランを始めると言う情報をキャッチ!!さらに偶然が重なり、少し強行でしたが日帰りで彼女のお店を訪ねることになりました。
サンダーバードが停車する「高岡」駅に、富山在住の後輩Aちゃんが車でお出迎え。ランチにはまだ早かったので、世界遺産にも登録されている「越中 五箇山」の合掌集落を訪ねました。のどかな田舎にある茅葺屋根の家。これぞ日本!!という風景に感動。その後、山道を走り、目的のお店に。国道に面したこのお店、もともと民家として人が住んでいたのですが、ここ10年は空き家だったそう。Mちゃんは、元職場の同僚と女性ばかり3人でこのお店を始めました。
コンセプトは、「心も体も元気になるお店」。富山のホテルや有名イタリア料理店で修行を重ねたシェフが料理の腕を振るいます。
1,575円でいただける「パスタランチ」は、前菜の盛り合わせにサラダ、手作りパンにメインのパスタは6種類の中から選択できます。
地元で採れたお野菜をたっぷりと使い、一つ一つのお料理を丁寧に心をこめて作っているって感じが、すごく伝わってくる料理でした。食事のときに出してくれるパンは、Mちゃんの担当。モチモチの食感が絶妙のフォカッチャでした。
オープンキッチンのカウンターに陣取らせてもらった私達は、女性シェフがテキパキとパスタを仕上げていくのに、口をあんぐりと開けて眺めてました。
店内は、もともとあった梁を生かして、天井を高めにとってありました。和風の家具だけでなく、おしゃれな赤いソファにガラスのローテーブルと言うくつろぎスペース。メニューには、古布を貼っていたり、コースターも手作り。私の一番のお気に入りはお手洗い。10cm四方の鏡をランダムに貼ってあったり、流しの横のかごには、お手拭に、和風の布を丁寧にミシンがけして作ったハンカチが入っていたり、、、女性ならではの細かい気遣いとセンスのよさが感じられました。
Mちゃんとは、彼女が大阪に勉強に来ていた時代に知り合い、我が家に遊びに来てもらったりした仲だったのですが、卒業してからは、中々連絡も取れずにいました。十数年ぶりの再会でしたが、一気にあってなかった空白の時間は縮まり、おしゃべりに夢中になり、あっという間に時間は過ぎてしまいました。
女3人で、新たな人生を歩みだした彼女達に、またしても勇気と元気をいただきました!!ありがとう
「旬菜彩菓 ラ・ナトゥーラ」富山県砺波市芹谷1039
営業時間 11:30〜22:00 毎週水曜定休
お近くを通られたら、ぜひ!!お茶だけでもOKです。「千光寺」と言うお寺の向かいです。
0



2005/8/29  23:51

投稿者:武田雅代さん

先生、富山に行って来られたんですね。富山は良い所
ですよ。水が良いから農作物や豚肉がかなり美味しい
です。お友達のお店に今度行ってみまーす。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ