2005/9/26

ちょっとひと休み  パリ

クリックすると元のサイズで表示します
メトロSevre Babylone(セーヴル・バビロン)を出たところにあるSq.Boucicaut(スクエア・ブシコー)に咲く朝顔。小学生の頃の夏休みを思い出します。
今日は、初めての学校。先週に手続きとクラス分けテストを終わらせていたので、授業開始の10分前に秘書のMelanie(メラニー)のところへ。あらかじめ用意されていたプリントに、私の名前やクラス、先生の名前と教室などを書き込んでくれました。
そのプリントを受け取り、そのまま4階(フランス風に言うと3eme etageで3階となります)への螺旋階段をおっちらおっちら昇りました。早く着き過ぎたのか、まだ教室が開いてません。扉の前で待っていると、アジア系の女性が二人鍵を持ってあがってきました。「うん、アジア系のフランス語の先生なのかしら????」と思っていると、教室の鍵を開け、席に着いていたので、彼女達もクラスメイトであることが判明。聞くと、ベトナムから来たそう。一人は、なまりの余りないフランス語だったのですが、もう一人がかなりなまりのきついフランス語で、聞き取るのに苦しんでしまいました
さらに一人、二人と入ってきましたが、授業開始の9時になっても、教室には5人ほどしか生徒がいません。それでも、先生は関係なく授業を始めたところに、ぱらぱらと更なる生徒が、、、結局1時間ほど遅れてきた生徒を含め、12人での授業でした。
日本人は私だけで、韓国人が3人、中国人が1人、ベトナム人が2人、チェコ人が1人、他の4人の国籍はわからずじまいでした。
今週は最終週なので、一月のまとめのテストがいきなり明日!!に行われると、先生が宣言今日は、復習をかねて、問題を解いて見ましょうということでした。
今月の課題は、私の苦手とする、時勢の変化と条件法現在形、代名詞などなど、、、
渡された練習問題を一通り終わらせ、答えあわせをみんなでして、ここ間でで2時間。「ふーっ」と一息つきたいなあ、と思っていたら、30分の休憩がありました。1階(フランス風に言うとrez-de-chaussez0階です)にカフェテリアがありますが、私は家から持参した水筒(魔法瓶タイプ)に入れたジャスミンティと、カカオ豆入りのチョコレートをかじって活力を取り戻しました。
休憩後は、また別のプリントが配られ、近くに座ってる生徒とグループで答えを導き出すのですが、私の隣に座っていた多分イギリス人の男の子は、結構強引で、自分の答えを説明して、「いや、こうじゃないの?」と言う提案には余り乗ってくれません。それに、すぐに英語が飛び出し、英語が苦手な私はたじたじ、、、反対側に座っていた韓国人の女の子は、余り考えることもなく、私達の意見や答えを書き写すだけ、、、それでも、結構理解しているよう。人それぞれの勉強の仕方や目的があるんでしょうね。
さいごに、別のプリントを配られましたが、時間が足りなかったので、これは「devoirs(ドゥヴォワール)宿題」となりました。
帰りに、チェコから来た女の子と階段で一緒になり、時間があったので、一緒にお昼を食べました(と言っても、すぐ近くでサンドイッチを買っただけですが、、、何せ二人とも貧乏学生です)。彼女は、クリスマス前までこの学校で勉強し、その後いったんチェコに帰って、1月か2月からグルノーブルの大学に交換留学するそうです。去年はロンドンに留学してたとか。この学校に、チェコから来てる人が何人かいるみたいですが、彼女は、「せっかくフランスに、フランス語の勉強に来てるんだから、自分の国の言葉をしゃべるんじゃなくて、出来るだけフランスでしゃべるようにしたい!!」と、日本人である私とおしゃべりすることを選んでくれました。お互いの共通語はフランス語だけですからね。
その後、彼女と別れ、メトロに乗ってSt.Germain des Presの辺りをブラブラ。慣れないフランス語の聞き取り(外国人のしゃべるフランス語)に、ちょっと疲れていたので、公園でひと休みして家路に着きました。
今日気付いたこと。日本人である私のフランス語に毎日付き合ってくれているMauriceは、きっとすごく疲れるだろうなあ、、、今まで、私のつたないフランス語を辛抱強く聞いてくれ、理解しようと勤めてくれた皆さんに感謝
はい、明日もがんばります。
0



2005/9/27  15:50

投稿者:haruyoさん

はあい、バイリンガルには程遠いですが、大阪弁なまりのフランス語でがんばりまあす!!

2005/9/27  5:12

投稿者:きょうちゃんさん

フランスでも朝顔が咲くんですね〜なんか不思議な気分です。すぐに友達もできて楽しい学校生活が送れそう!標準語からなまりまでバイリンガル??目指して
頑張って〜

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ