2005/9/29

Paris-Brest  グルメ

クリックすると元のサイズで表示します
あまり写真がきれいに取れてませんが、、、
予定では、今晩はご近所さんのDavide(デヴィッド)のお家に夕食に招待されていたのですが、どうもお仕事が忙しいらしく、来週の火曜日に延期となりました。
Mauriceと「手土産は何にしようかねぇ。」と話し合い、先日初めて会った時に、私のことを「彼女はpatissiere(パティシエール:お菓子職人)なんだよ。」と紹介されたことを思い出し、「これは何か作っていくのがいいのかしら、、、?」ということになりました。Mauriceの提案で、Paris-Brestに決定!!しかし、材料の中には、簡単にスーパーでは手に入らないものが、、、とりあえず、使用する材料をリストアップし、お家になるものと買わなければいけないものをチェック。問題のpraline(プラリネ:一般的にパリ・ブレストのクリームに使われるもので、簡単に言えばアーモンドにキャラメルがけにして、それをペースト状にしたもの)に関しては、patissierの友人に少し分けてもらうようお願いしました。
さあ、これで材料はそろったので、今日は、一度「試作」です。材料、オーブンがいつも使っているものと変わると、いつも何かいつもと違う点が出てきます。なので、手土産にする前に、練習、練習。
ドキドキしながらも、何とかシュー生地を作り、まずオーブンへ。その間、クリーム作りに。まず、カスタードクリームを作り、冷やしている間に、今度は、バタークリーム用のイタリアンメレンゲ。幸い、ハンドミキサーがあったのでそれをフル活用!!
ほどなくシューが焼きあがり、冷ましてからクリームをあわせ、中に詰めました。
搾り出し袋と口金は、近所の激安ショップで、簡単なビニールとプラスチック製のものを、な、なんと1ユーロ50(200円ぐらい)で購入。
クリームは、pralineの分量を少し変えて2種類作りました。
さあ、今晩のデザートが出来上がりぃ〜
ちなみに、Mauriceは、パリ・ブレストが大好きで、ずーっとわくわくしていました。そして、Hindia(インディア)は、私が台所にいる間中、ずーっと何かおこぼれがないか台所をウロウロ。でもね、Hindiaの食事は朝だけなのよねぇ。残念でした。
0



2005/10/1  10:06

投稿者:haruyoさん

きょうちゃんさん、
ええ、火曜日にがんばりますね!!
今は、1階下のアンリさんに頂いたりんごがあるので、りんごのたるとかコンポートでも作ろうかなあ、と考えてます。
えみさん、
日本では、お菓子材料の専門店が結構ゴロゴロありましたが、こちらでは、スーパーで見つけるぐらいですね。ボン・マルシェは確かに高い!!
友人達に聞きまくって、探してみますね!!

2005/9/30  14:21

投稿者:emiさん

パリ・ブレストとは・・・プラリネ大変ですね・・以前同じ用に質問があり、プラリネを買えないか??と探しました、一応ボン・マルシェにありますが・・・高い。
 ちなみに私はバタークリームはイタメでのものは少し苦手です、軽く良いのですが、おなかに入るとなんだか落ち着きません。
 普通に卵黄のが好きです。
 
 綺麗に◎ですね、美味しそう♪

2005/9/30  13:09

投稿者:きょうちゃんさん

haruyoさんの作ったParis-Brest食べた〜い!
素敵な晩餐になったことでしょう。本番もばっちりだね。こちらは10月からchoux a la cremeです。そちらの激安ショップも魅力的だな〜・・・

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ