2005/9/30

Le Roi de Soreil  

「Le Roi de Soreil(ル・ロワ・ド・ソレイユ)」とは、直訳すると、「太陽の王様」となりますが、フランスでは、ルイ14世の事をこう呼んでいます。
なぜこんな話になったかというと、今日の授業では、かの有名なヴェルサイユの話をしたからなのです。
明日、10月1日は、第4回目のNuits Blanches(ニュイ・ブランシュ)。これは、パリ市庁が主催するイベントで、10月1日夜から、よく2日の朝まで、パリの各地で、芸術的なイベントが行われるというもの。写真や絵などの作品展示あり、音楽祭あり、などなど、プロから愛好家までが参加しています。毎週発売される情報誌や、毎日無料で配られる新聞に、イベント情報が載ってます。そして、このイベントは、パリ郊外のヴェルサイユでも、大きなコンサート(のようなもの?)が開かれる予定で、一番の呼び物のひとつとなっています。
そこで、今日は先生がそのプログラムを持ってきてくれて、みんなにコピーをくれました(優しい先生です)。その中でヴェルサイユを選び、色々と説明やみんなで意見交換をし、その後、隣のパソコンルームへ。一人ずつパソコンの前に座り、インターネットにつないで、ヴェルサイユの公式HPへアクセス。
そのサイトを見ながら、先生の作ってくれた問題に答えていきました。
このサイトがとてもよく出来ていて、、、ページは、フランス語、英語、日本語で読むことが出来、日本語にするとあまりにも簡単に答えれる為、もちろんフランス語のページで読みました!!(私の隣のドイツ人:アルノーは、日本語のページがあるよ!!とからかってきましたが、、、)
これがその、アドレスです。http://www.chateauversailles.fr/jp/日本語のページのアドレスですので、ぜひ訪れてみてください。

皆さんにご報告があります!!先週に申請していた滞在許可証が出来上がりました!!
朝から、健康診断に行き、身長、体重、視力、聴力、レントゲンをとられ、その後ドクターから問診があり、問題がなければ書類にサインをくれます。
それを持って、同じ建物の少し離れた部屋へ。
そこで初めてパスポートを提出し、何ヶ所かサインをしたら、パスポートに滞在許可証を貼ってくれました。「はい、これで完了です。」とあまりにもあっけない展開に少し驚きつつも、滞在許可証が手に入ったので喜んで建物を後にしました。
私がもらえた滞在許可証の期間は6ヶ月。まだ運のいいほうなのでしょう、多分。それに、ドクターは、サインした書類を2枚くれて、1枚は今回の申請に、もう一枚は次の申請のとき用ね、だって。これって、半年間は私の体調が変わらないってこと!?とても不思議でしたが、まあ、私としては手間が省けるので、いいのですが、、、さらに、ここで写したレントゲン(上半身のです)、各自でお持ち帰りなんですねえ。これにはびっくり!!そんな、自分のレントゲン写真なんて、コレクションしたくないよぉ!!かなり大きくかさばり、一日中持ち歩く羽目になりました、、、
さあ、次は半年後の申請です!!次回もスムーズに行きますように
0



2005/10/1  21:10

投稿者:haruyoさん

えみさん、
Nuits Blanches、私もよく考えて、やめました。天気もよくないですしね。
今日、買い物に行って思いましたが、土・日は、本当にお菓子の量が半端じゃないですね。
明日も、朝早くからお疲れ様です!!
chiakiさん、
うん、なかなかParisやるじゃん!?って感じかな。というより、あまりにも申請が多すぎて、適当にしてるのではないかと、、、疑ってみたりして。

2005/10/1  21:01

投稿者:chiakiさん

おめでと!
すんごい早かったね。こんなにスムーズにいくって、
パリprefectureに感心、感心、見直したわ^^

2005/10/1  14:10

投稿者:emiさん

いいなあ・・・私も遊びたいわ・・・
でも仕事です。。。

 滞在許可良かったですね...

が、レントゲン写真困りますよね・・・2度目も捨てました。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ