2006/6/23

日本語の使われ方  

先日のCoupe du monde FIFAの日本対クロアチア戦を見ていて、解説者の一言にびっくり。選手名は忘れてしまいましたが、ある日本選手が、絶好のゴールチャンスを逃してしまいこれに対し、「彼の今のシュートは、「腹きり」に値する」と!!
えーっ、今「腹きり」って言ったぁいやいや、確かに「日本代表」とは思えないシュートでしたが、「腹きり」とまでは、、、
そして後日。友人と食事に行く途中、前を歩くフランス人女性を見ての会話。彼女はとっても背が高くスタイルがよく、短めの白の透けるスカートをはいていました。「いやあ、私にはあのスカートははけないやあ」と言うと「確かに、日本人女性があのスカートをはいて外を歩かされたら、「腹きり」だね」と。またしても「腹きり」
たくさんの情報が錯誤する世の中。もちろん日本でもフランス語を本来の意味とはずれた形で使っていることもよくありますが、この「腹きり」発言にはびっくりです。意味合い的には間違ってませんが、ちょっと軽すぎるような、、、
同じように「神風」と言う言葉も、よくニュースで聞きます。これは自爆弾によるテロリストのことを「KAMIKAZE」と呼んでいます。テロリストが自爆する目的と、戦争時代に「神風特攻隊」として戦死した人たちの目的はかけ離れているような、、、ちょっと複雑な気持ちです。
皆さんはいかが思われますか?
0



2006/6/24  15:28

投稿者:haruyo

pekoさん、
前半だけでも、笑っていただけて光栄です(なんといっても関西人ですから)。私も思わず笑ってしまって、本来のふかーい意味を説明するのはあきらめましたから。
Angel Heartさん、
最近は、少しはましになってきてるかもしれませんが、まだまだ日本がどこにある国なのか、知らない方たくさんいらっしゃいますよね。確かに、今回のサッカーのおかげで私も「トーゴ」と言う国の存在とどこにあるのかを知ったぐらいですから、、、まだまだ世の中は学ぶことだらけだわぁーっ!!

2006/6/23  19:39

投稿者:Angel Heart

う〜ん。
先日の授業で「腹切=はらきり」(切腹ではない)の話題が出ていろいろ説明したのでした。
「芸者」も間違って受け取られています。=芸をする人なのに。性を売る人たちだと。
この説明も一苦労でしたが・・・。

そう!ニースの学校の時に、日本のことを発表しなればならなかった時、質問攻めでした。
「侍」「芸者」「刀」「ちょんまげ」「着物」etc。
一番驚いたのが、「日本人はネコを食べる」といわれた事です。
強く否定したけど、誰がそのような事を・・・。

2006/6/23  11:32

投稿者:peko

前半の内容についてだけコメントしてしまいました。ごめんなさい・・・
神風は・・・いただけないね・・・
日本語がそういう意味で使われるのは心外だね・・・
さっきのコメント、削除して貰っても構わないので・・・

2006/6/23  11:28

投稿者:peko

ハッハッハッハッ!!!!!
あなたのブログを読んでこんなに笑ってしまったのは初めてです!!!
「腹切り」って面白過ぎる〜〜!!!!
そんな表現、今時無い事を伝えて差し上げてください。
辛くなった時には、今日の日記を読む事にするわ!
それ位笑えたーーーーー!!!!
haruさん最高ーーーーーーー!!!!!
ゴーーーーーーーーール!!!ってカンジです。
腹切りじゃ無くてせめて切腹と表現して欲しいわ〜♪
「腹切り」「芸者」「侍」・・・etc・・・

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ