2006/9/3

la truite(鱒)  グルメ

アルバイトを始め、急に忙しくなりだした私のパリ生活。今週は、今までの仕事の遅れを取り戻す為、土曜日も働きました。
そんな、私の為に、モーリスが平日のお買い物、洗濯などしてくれてます。ありがたい、ありがたい!!
金曜日は、近くのMarcheの日。ようやく、ヴァカンスを終え、お店が勢ぞろいした様子。約一ヶ月ぶりのお魚屋さんで、la truite(鱒)を買ってきてくれました。あっ、買ってきてくれただけでなく、お料理もモーリス担当。
truiteはすでに内臓はとって処理されてるので、小麦粉を全体にまぶして、フライパンで焼く、ムニエルです。付け合せは、アーモンドスライスのローストとサンド豆にシャンピニオン。アーモンドスライスはフライパンに入れ、弱火でじっくりローストします。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
フライパンからはみ出すほどの大きなtruite。約10分ほどで焼き上がり。たはっ、丸ごとの焼き上がり、撮影するの忘れちゃいました!!一人半身ずつで十分お腹いっぱい!!日本の鱒と同じように、身はほんのりピンク色。アーモンドの香ばしさがぴったり!!少し、塩・コショウが薄めだったので、Kちゃんが日本から持参してくれた「ポン酢しょう油」につけながらいただきました。うーん、美味!!お肉ばっかり食べてますが、たまにお魚もいいもんですねぇ
0



2006/9/4  18:47

投稿者:haruyo

リヨンさん、大丈夫ですかぁ!!起きて下さい!!
ポン酢しょう油は、さっすが、お魚によく合いましたよぉ。サーモンをさっと焼いてポン酢しょう油も、、、うーん、バタッ。

2006/9/4  18:30

投稿者:リヨン学生日記

うわぁ、すっごいおっきい! なるほど、ムニエルにしてアーモンドスライスのロースト!おいしそう〜☆ ジュル。 しかもポン酢しょうゆ! あー、味を想像しちゃった。。。バタ。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ