2007/2/17

Salon national dele Boulangerie  お楽しみ

ありゃあ!??先日アップしたはずの記事が無い!!きっと、ボタンを押し間違えたのでしょう、、、と言うことで気を取り直してもう一度。
2月11日〜14日までパリで開催されていた、「Salon National de la Boulangerie, Patisserie, Glacerie et Traiteur」に行ってきました。クリックすると元のサイズで表示します
この存在を教えてくださったのは、1月中旬に友人のお仕事の付き添いで訪れたChantillyにある料理学校Le Manoirの製菓シェフ。「13日に授業の一環として学生達と見学に行くので、よければ会場で会いませんか?」とのお誘いをいただき、ちょうど学校もお休み中だし、友人のCさんにぜひともシェフをご紹介したい!!とも思い、行ってきました。1月末にリヨンで開催されたSIRAHとは比べ物にならないほど規模は小さめですが、色んなコンクールが行なわれていたり、平日と言うこともあって、入場者数も控えめで、ゆったりと見て周ることができました。そして何よりも、シェフと学生さん(元学生さんだったかしら)と一緒に会場を回らせていただいたおかげで、彼女達の口から飛び出す素朴な、それでいて熱心な質問とそれに答えるシェフ、もしくはスタンドの業者さんとの会話を楽しませてもらいました。
では、会場で行なわれていたコンクールの作品などを少し、、、
 クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますこちらは「Croquanbuche:クロカンブッシュ(小型に焼き上げたシューにキャラメルをつけ、円錐に組み立てたフランスではお祝いの席に使われるお菓子)」のコンクール。出来上がり写真は、12日に行なわれた「シニアの部」の作品。13日は、「ジュニアの部」が開催中でした。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますこちらは2007年秋にSalon du Chocolatで開催されるWorld Chocolate Mastersのフランス代表選考会の作品です。フランス人に混じって、日本人のお名前を発見!!右下の作品が、日本の方の作品です。
今回のこのSalonが開催されたこの会場は、毎週末のように何かしらのSalonが開催されています。先日、友人のYちゃんに会いに行った「テキスタイル」のSalonもこの会場でした。そんな様々な分野のSalon情報を調べることが出来るのがこのサイト。興味のある分野と地域、時期を選ぶと、検索してくれます。早めに検索してネットから招待状をゲットすることも出来ますよ!!http://www.foiresalon.com/pages/cadres/cadre_calendrier.html
0



2007/2/21  19:23

投稿者:haruyo

sinさん、こんにちは。
京都のsalon du chocolatは「物産展」ですかあ(笑)。なんとなく想像できてしまう、、、
京都の洋食屋さん、どこに行かれたのかしら(って聞いても知らないはず)。おお、オムライスが食べたああい!!
えいみいちゃん、
うん、クロカンブッシュがこれでもか!!ってほど並んでました。しかも、変わった形ばかり、、、
日本人の方のピエスは、「生け花」を思わせましたよ。

2007/2/18  14:36

投稿者:えいみい

すごい数のクロカンブッシュですね!!
間近で見たかった〜!
ショコラのピエスモンテ、日本人の作品はやはり日本人らしさが出てますね。

2007/2/17  18:21

投稿者:sin

haruyoさん こんばんは
そういえばsalon du chocolat(京都の)行ってきました それなりに楽しみましたけど・・・・
なにやら物産展みたいになってました(笑)
本場との差は・・・・・それは言わないで・・

でもお昼はしっかり 希望の洋食屋さんでご飯食べて帰りましたよ☆

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ