2007/4/28

Relais Dessert  フランス

これも復活祭ヴァカンス中の出来事。
4月16,17日の2日間、国際的な製菓組合である「Relais Dessert:ルレ・デセール」の記念すべき第50回目のセミナーが開催されました。
この組合は、フランスの製菓業界が発端となり、現在は世界15カ国に広がっています。
日本では、東京の「Hidemi SUGINO」さん、「ORIGINES CACAO」さん、「AIGRE DOUCE」さん、福岡の「Jacques」さんの4件がメンバーです。
現在の会長さんはパリ近郊のフォンテンヌブローの「Patisserie CASSEL」のカッセル氏。マカロンの日が設けられたのも、この組合の発案です。
(Relais Dessetについては、公式ホームページもご覧下さい。)
16日は、フォンテンヌブロー城にて、日頃お世話になっている方々(製菓業界にとどまらず)を招いてのReception(レセプション:ビュッフェ形式のお食事が出るパーティ)。なんと800名もの方がいらっしゃったそうです。
そして、私が参加させていただいたのは、2日目のメンバーのみが参加する夕食会。なんと、Vaux le viconte(綴りが不確かですが、、、)ヴォー・ル・ヴィコント城で開催でした。20時からのAperitif(食前酒)を片手に、お城内を見学。途中、ミニ劇も用意してくださってました。クリックすると元のサイズで表示します食事が始まったのは21時を回っていたでしょうか。昔は舞踏会が開催されてたであろう、大きなホールでなんと180名でのお食事!!中央の主賓席には、会長のカッセルご夫妻、名誉会長のオーバーワイスご夫妻、副会長のエルメご夫妻と、そうそうたる面々。私はその隣のテーブルに、日本メンバーの杉野さん、大塚さん、寺井さんとご一緒させていただきました。そうそう、昨年のRelais Dessert25周年記念セミナーは、東京が会場だったんです!!そのときの準備にはなんと1年もかかったとか、、、そんなお話を伺いながらのお食事でした。途中、「ミニ劇」の俳優さんたちが場を盛り上げてくださったり、クリックすると元のサイズで表示しますいやいや、おしゃべりが大好きなフランス人がほとんどですから、ほっといてもお話は弾んでました。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
なんと言っても圧巻は、お食事が終わってからお庭での花火!!そして、50回目を記念しての大きなケーキの入場!!Dalloyauのシェフ・ニオー氏がデザインされたそうです。(ケーキの前で満面の笑顔をたたえてるのがオーバーワイス氏)
まだまだおしゃべりが足りないようでしたが、もうすでに時計は夜中の12時を回ってます。次回のセミナーでの再会を皆さん約束して帰途に着きました。ちなみに、来年はヴェニスで行なわれるそうです。
以前に観光で訪れたことのあるお城で夕食をいただくことがあるなんて夢にも思ってませんでしたし、フランス製菓界のこんな会合に参加することが出来るなんて、これまた夢にも思ってませんでした。とっても素敵な経験が出来たことに感謝、感謝!!
ああ、でも欲を言えば来年ヴェニスにも行きたいよぉ
0



2007/5/8  10:18

投稿者:haruyo

そうなんです。ミニ劇を演じた俳優さんたちのしゃべり方まで、今とは違った大げさなしゃべり方。力はいってますよねぇ。
こういうイベントに、お城が借りれるって言うのも、すごいなあと感心しちゃいました。

2007/5/6  12:43

投稿者:mi-chan

おお〜!
ミニ劇はまさにマリー・アントワネットの世界ですね。
日本ではこんなお菓子業界のパーティなんてない気がするから、フランス(というかヨーロッパ?)がいかにお菓子に力を入れているかがわかります!
花火までやっちゃうなんてすごい・・・

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ