2008/8/31

le Pareloup (パリのレストラン)  グルメ

今日で8月も終了。なんだか、涼しいパリの夏でした。
そんな気候でもあったので、すでに気分は「食欲の秋」(えっ、年中のくせに!と言う声がどこからともなく)。
がっつり「お肉」が食べたくなり、友人のCさんが仕入れてきてくださった情報を元に、15区の「le Pareloup」に行ってきました。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 見てください!このボリューム!左上からFaut-Filet、Pave、付け合せのポテトフライト奥に見えるのがグリーンサラダ。お肉は、それぞれ1人前250g(!!)。そして、このお店のオーナーさんのお父さまが、フランスの地理的に真ん中辺りにあるAuvergne(オーベルニュ)地方でAubrac(オブラック)種の牛を育てていらっしゃるとか。そこから直接仕入れているお肉は、ボリュームだけでなく、しっかりとお肉の味のする、美味しいものでした。ポテトフライも、冷凍ものを揚げてるのではなく、きちんとお店でジャガイモの皮をむくところから。シンプルなだけに、素材の美味しさが光ります。
小さなお店ですが、このお肉の美味しさを知る常連さんでいつも満席のようです。
お肉料理は、一皿25ユーロぐらい。ワインは、ピッチャーで頼めますので、飲み大量に合わせて注文できます。
しっかりエネルギーをつけたい時、しっかり働いて疲れた週末にもいいかもしれませんね!
ちなみに、このお店の向かい(お隣!?)には、MOF BoulangerのLe Quartier du Pain一号店があります。
le Pareloup
80 rue Saint Charles 75015
Metro 10, Charles Michels徒歩すぐ。
0



2008/9/1  19:22

投稿者:haruyo

そうですねぇ。日本の霜降り肉(ああ、神戸牛〜!!)は、少しいただくのが贅沢でいいのでしょうか、、、こちらのお肉は、これでもか!と言うぐらいかみ応えがあって、それがくせになると、、、
チキンは、どんな風になったのでしょう!?

2008/9/1  10:45

投稿者:hatsumina

これくらいよく焼けたお肉がいいですね!
ああ、おいしそう・・・・。
神戸牛なら250グラムのを食べるといくらかかるやら。万札は吹っ飛びますね。
そのうえ、日本の肉はオイリーすぎて(霜降りだから)ウッとなっちゃう。
1年12か月の「食欲の秋」だし、今夜は私も肉を〜、と思ったら冷蔵庫に入っているのはチキン。
しゃあないからチキン焼きます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ