2005/7/19

みなさんは、どう思いますか?  

一週間ほど前のニュースです。東京都知事の昨年10月の発言が事の発端。何でも、「フランス語は、数の数えられない言葉。国際的な言語としてむべなるかな」と公共の席で発言しました。それに対し、日本でフランス語学校校長のフランス人や日本人を含む21名が謝罪広告の掲載と、慰謝料を東京地裁に提訴しました。それに対して、石原都知事は、定例の記者会見で、フランス語の数字の数え方を記者に向かって質問。70=60+10、80=4×20、90=4×20+10と言った数え方を例に挙げ、その不合理性を指摘。その反面、「学生時代からフランス文学に興味があり、フランスの文化派尊敬している」などと、フランスが好きだとの発言も。しかし、「何でも訴えればいいもんじゃない。フランスの政府に文句を言ったらいいじゃないか」とあまりにもちんぷんかんぷんな答え。普通の政治家なら口にしないことをサラッと言いのける石原都知事ですが、今回ばかりは、ちょっと子供の言い訳のようで、がっかりしました。
確かに、フランス語の数字を覚えるのには一苦労しましたし、いまだに、スラすらっとは出てこないし、数字を早口で言われた時には、かなり気をつけないと、聞き逃してしまいます。
でも、こういった数字の数え方、おつりを渡す時に、足し算をしていく独特の方法、こういったものが、フランスの文化を作ってきた物事のひとつような気がします。
その国の言葉を否定するともとれる発言は、やはり、注目度の高い公人がすべきことではないことなのではないのでしょうか、、、?
皆さんはどう思われましたか?
注:本文中の石原都知事の発言は、原文のままではありませんので、ご了承ください。
0



2005/7/20  13:00

投稿者:haruyoさん

うん、そうなの。まさかそんなことを公の場で発言していたなんて、まずびっくりしましたあ!!で、最近の発言を聞いて、なんだか話の方向がずれてて、一時は、「この人が総理大臣になったら!?」なんて期待してた人だけにがっかりです。

2005/7/20  11:23

投稿者:こぽこぽさん

ご立腹?!

http://www.copocopo.com

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ