2009/1/28

レボリューショナリーロード〜燃え尽きるまで  映画館で観ましたの〜

**********************
1950年代半ばのアメリカ、コネチカット州。フランク(レオナルド・ディカプリアオ/Leonaldo DiCaplio)とエイプリル(ケイト・ウィンスレット/Kate Winslet)のウィーラー夫妻は、“レボリューショナリー・ロード”にある閑静な住宅地で暮し、フランクはニューヨークにある大手の事務機器会社に勤め、エイプリルは2人の子供を育てながら穏やかに暮らしている。しかし、誰もが理想の暮らしをしているように思えた二人の心の中には人に言えない葛藤があった。
パーティー会場で輝く美しさを放っていた女優志望のエイプリル、フランクの個性豊かな輝き、惹かれあった二人は人生が素晴らしいものになると信じて結婚したのだった・・・


***
『タイタニック(’97)』は、私が生まれて初めて複数回劇場に足を運んだ作品だった。最初は世間の大騒ぎにへそを曲げ、なかなか行かなかったのだけど、ひとたび劇場に足を運んでからというものの、金曜夜のレイトショーに一人で行くくらいにまでなってしまっていた。それはやっぱり悲恋が人の心を惹きつけるということと、レオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットの若い二人の俳優のきらきらした輝きに魅かれたからだったのだと思う。その二人が11年の時を経て、再共演を果たした・・というのだから行かねばなるまい〜と意気揚々と行ったのだけど、途中で「息が苦しく」なるような思いをするほど二人の演技が真に迫っていた。
観客はざっと見た所、女性9割5分といったところで、途中「男の人いるんかいな?」と思っていたら、タイムリーに一人おじちゃんが「うぉっほい」と咳払いをしたのでいることはわかった。この作品は、結婚している人には身につまされ、していない人には幻想を打ち砕くような、しかしこれが男と女、夫と妻にとって普遍的な物語であることを語りかけてくる。特に結婚している人にはかな〜。エイプリルはあそこから逃げ出したかった。「此処ではない何処か」にパラダイスがある・・・と。夫は安定した職を持ち、可愛い2人の天使に恵まれ、郊外の一戸建てに暮らし、誰が見ても幸せなはずなのに、置いてきた夢や希望が常に自分の中にあって、それを心が追い求めている。そして彼女はフランクがかつて従軍していた時代に訪れたパリへ移ろうと提案するのだ。自分が働いて、フランクは好きなことせえ〜と。一見夢物語である。家も売り、一家で見知らぬ、たぶん言葉も通じないであろうパリに。いや、パリでなくても良かったのだ、「此処ではない何処か」に行かれれば。パリはたんなる思いつきに過ぎない。同僚や隣人が自分たちのパリ行きを驚きと嫉妬の入り混じった表情で聞いている姿に自分たちは“特別な人間”なのだと酔いしれていたかったのだ・・フランクは。話を聞いた後の隣人キャンベル夫妻が二人が帰った後に寝室で交わす会話に“普通の人々”の心情が表わされている。「バカげた計画」と。それを二人にずばっと言い切るのが、家を紹介した不動産業者のヘレン(キャシー・ベイツ/Kathy Bates)の息子で精神病患者のジョン(マイケル・シャノン/Michel Shannon)だけ。人々が抱いている彼らに対する真実の感情を。


誰でも一度は選択した人生に疑問を抱いたり、不安を感じたりしたことがあるのではないだろうか。他の人生があるのかも知れないと。それは幻想かも知れないし、正しい判断(少なくとも自分にとって)なのかも知れない。それを決めるのは自分自身であって、自分以外の人ではない。1950年代に時代設定したことにより、エイプリルの閉塞感が真に迫ってくる。女性に多くの選択肢のない時代。翻って現代はどうか。結婚をする、しないでとやかく言われる時代ではない・・・ように見えて、その実見えないプレッシャーがかえってたくさんあるような気もする。結婚しない選択もあるからこそ、人生が逆に複雑になっていっているような。選択肢はあまりない方が人生複雑ではない。選べる人生に数多くのオプションがないのだから悩むことも少ない。もちろん、今日あるのは選択肢をより多くしたいと願った人々(女性とあえて言おう〜)がいて、色んな人生が存在しえることになったのである。でも、エイプリルが生きた50年前と今との違いがあまり見えなくて、人間の本質は何年経っても、何十年、何百年経っても変わらないものなのだなあと思ったりして。
自分が幸せでなければ、他の人を幸せには出来ないと思う・・・で、幸せってなんだっけ?
などと、昔さんまちゃんがやってたコマーシャルを突然思い出した。幸せの基準は人それぞれだけど、「ああ、自分はいま幸せじゃない」と思ってしまって、がんばってもダメだったら、リセットしてもいいのではないか。ただ、リセットした先に自分の思う幸せがあるかどうかは・・・その道を選んだ人だけが知り得ることである。



「もう辞めるんだから〜」と気楽な気分で出した報告書が思いがけず幹部の目に留まり、慰留されたあたりから、順調に回り始めたはずの歯車が再び狂い始める。エイプリルの妊娠が発覚し、フランクはパリ行きを止める理由を見つけたから。反対にエイプリルは絶望とも言える心境に陥っていく。

劇中フランクが30歳の誕生日を迎えたことを見ても、まだまだ人生を諦めるには早い、ように思える。それが1950年代であっても、バラ色の今とは違う未来を夢見るのは非現実的だとは思えない。でも、エイプリルの選択はそれが50年前の出来事なのだと知らされる。



キャッチコピー
〜あなたの最愛の人は あなたを愛していますか

に思う。

エイプリルはフランクが最愛の人であったのか。
フランクはエイプリルが最愛の人であったのか。

最愛の人が自分を愛してくれていないなんて悲しすぎる。
でも愛の度合が双方一緒なんてこともないと思う。
愛の形は変化していくもの。
その過程で相手を愛するというのは慈しむという感情に変化し
大切に幸せにしてあげたいと思えることが自分も幸せになるということなのかな。。




クリックすると元のサイズで表示します

重かった、重かった、息ができなくなりそうなくらい、重かった。
さすが、『アメリカンビューティー('99)』で、人間の本質をぐりぐりぐりと描き出した方だけあって、今作もひえ〜っと人が内に秘めている(だろう)ことをつまびらかにしてくださいます。ラストのラストまで☆


Revolutionary Road
2008 USA/UK

Directed by Sam Mendes
Cast
Frank Leonardo DiCaplio
April Kate Winslet
Helen Kathy Bates
John Michel Shannon
0



2011/4/5  5:26

投稿者:だいちゃん


うにゃぁぁぁ!!8万で買ってもらったけど、激しすぎっ!!!!
何回も騎 乗 位で犯されて、ほとんど野獣みたいなセクースだったよ!!
ザーメソ出しすぎて最後にはカウパーも出なかったし・・・(苦笑)



http://976eh4e.bkbks.shavitrue.com/976eh4e/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ