夏のおわりに

趣味の陶芸や工芸を楽しんでいます。
孫の子育て奮闘記を交えた日記です。

 

カレンダー

2022年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:まっちゃん
なかさんへ

はじめまして、宜しくお願いします

輪島と言えば輪島塗、これも奥が深いんでしょうね。手仕事の代名詞みたいな感覚です。

自作窯、恐縮です。
私はこの窯で焼き方の基本を教わったようなものです。
煙突は1000度を超えてから威力を発揮しますのでとても重要です。最初温度が上がらなくて苦労しました。直径160oのステンレスの筒を下から1mの筒、曲がりのジョイント、横へ1mの筒、曲がりのジョイント、2mの筒にしてます。
この説明で解りますか?

上部の蓋は耐熱耐火煉瓦を使ってるので簡単にのこぎりで切れます。煉瓦の中央に10oくらいの穴を長いドリルで穴を開けてます。これを2個縦にボートを通して両端を持てるようにしてます。
高熱でボートが曲がるので取替えが必要です。
これが5個並んでいます。

文章だと説明難しいですね。
上手く説明できなくてすみません<(_ _)>
また連絡下さい。
投稿者:kagawa
すごい!
量産モデルが出来上がるのを楽しみにしています
投稿者:なか
どうも、はじめまして、お邪魔します、

キャラクターかわいいですね、、(^^!

自作の陶芸窯拝見いたしました、
実は私もこんなのを作ろうかとネットで探してたら、ぴったりのが、、、

実は煙突をどのようにしようか、迷っていた所だったので、、私の自作窯の参考にさせても良いでしょか、、それと窯の上部の蓋の構造をお教え頂けますか?

ps;燃料は木炭で、焼く心算です、、

輪島の中門(なかかど)です、、

http://uwanuriya.blogspot.jp/search/label/%E9%99%B6%E8%8A%B8
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ