ご挨拶  
こちらのご挨拶は、常時トップに張り付いています。
最新記事はこの下にありますのでご覧下さい。

クリックすると元のサイズで表示します
nayagorofan photo

悟朗さん、本当に有難う御座いました。
悟朗さんの作品が皆様の心に永遠に残ります様に。

***

ようこそお越し下さいました。

こちらは未公認の納谷悟朗さんの後援会です。
ファン歴45年の自称後援会長が、納谷悟朗さんの作品をご紹介しています。
納谷悟朗さんがご出演になった作品に対して、著作権侵害の意図はありません。

***

<お知らせ>

自称納谷悟朗後援会日誌<別館>ですが、ヤフーのブログがサービス終了になる為、アメーバのブログに引越しました。
ヤフーも2019年12月15日までご覧頂けます。

アメーバですが、PCで見るとブログ内検索の窓があるのですが、スマホにはありません。(アメーバ全体の検索のみ)
ややこしい手順が必要らしいので(??)お手数ですがスマホでブログ内検索が必要な場合は、パソコン表示にしてチェックなさって下さい。
(簡単な方法がもしかしたらあるのかもしれませんが、今の所一番これがラクだと思います???)

引越し先のリンクです。

https://ameblo.jp/nayagorofan/

***

カテゴリーの説明はこちらでお読み下さい。

プロフィールはこちらです。

<蛇足>
AOLでの最終アクセス数です。興味のある方はご覧下さい。(笑)
こちらでご覧になれます。

***

日誌内での検索をされる時は、「このブログを検索」を忘れずにチェックして下さい!

***

こちらの日誌はリンク・フリーです。
リンクはご自由にお貼り付け下さい。
但し相互はやっておりませんので、ご了承下さい。

***

記事には、情報をお寄せ下さった方のお名前をお載せしています。
自分はそうして欲しくないと仰る方は、掲示板メールにてご連絡下さい。

***

「銭形悟朗」の絵について。
転載はご遠慮下さい。
詳しくは、プロフィールをご覧下さい。

***


2010年1月23日追記

2010年から字を大きくしようと思っていたのですが、結局今まで保留していました。
とりあえず「ご挨拶」といくつか記事のフォントを変えました。
少しは見やすくなったでしょうか???(笑)
タグ: 納谷悟朗

2020/10/12

楊貴妃外伝  吹き替え
中国のTVドラマ「楊貴妃外伝」(全4話)です。
悟朗さんは玄宗皇帝の声を吹き替えられたそうです。

1991年にNHKで放送された記録が、NHK 番組タイムマシーン(NHK公式)のサイトに載っていました。
このドラマのDVD(中国版)が1994年に発売された様なのですが、番組の製作年は分かりませんでした。

声のキャストは数名しか分かりません。
キャスト詳細がお分かりの方は、宜しくお願い致します。
悟朗さんと家弓さんが共演なさっているので、ぜひ拝見してみたいです。

楊貴妃役の周 潔(ジエ・チョウ)さんは、1992年の映画「楊貴妃」でも楊貴妃を演じていらっしゃいました。
(楊貴妃以外は別キャスト)

***

クリックすると元のサイズで表示します
「楊貴妃外伝」 

クリックすると元のサイズで表示します
楊貴妃役の周 潔さん(土井美加)

*クリックすると少し拡大します

クリックすると元のサイズで表示します
玄宗皇帝(周 志宇/納谷悟朗)

*クリックすると拡大します

クリックすると元のサイズで表示します
玄宗皇帝と楊貴妃

*クリックすると少し拡大します

クリックすると元のサイズで表示します
玄宗皇帝の腹心、高力士(翁 国鈞/家弓家正)

***

「楊貴妃外伝」
楊貴妃外伝
別題:楊貴妃秘史 中国 全4話
鮑 芝芳監督

NHK アナログ衛星第2
第1話 1991年8月26日(月) 午後8:00〜午後8:45
第2話 1991年8月27日(火) 午後8:00〜午後8:47
第3話 1991年8月28日(水) 午後8:00〜午後8:43
第4話 1991年8月29日(木) 午後8:00〜午後8:57

再放送
NHK アナログ衛星第2
第1話 1993年6月24日(木) 午前0:40〜午前1:25
第2話 1993年6月24日(木) 午前1:25〜午前2:12
第3話 1993年6月25日(金) 午前1:15〜午前1:58
第4話 1993年6月25日(金) 午前1:58〜午前2:55

楊貴妃(周 潔 ジエ・チョウ):土井美加
玄宗皇帝(周 志宇):納谷悟朗
高力士(翁 国鈞):家弓家正

楊國忠(張 忠傑):声不明
謝阿蛮(李 冰):声不明

***

*NHK 番組タイムマシーン様
*ウィキペディア他

2020/10/4

大脱出  吹き替え
クリストファー・ジョージさん主演の「大脱出」(1971年作品)と言うTVムービーです。
ウィキペディアの悟朗さんの吹き替えリストで見かけました。
(他の声のキャストや放送年月日、放送局等不明)

ウィキの資料の出典が不明で、悟朗さんが本当に吹き替えていらっしゃったのか確認出来ていません。
詳細がお分かりの方はご教示お願い致します。
ウィキの資料が正しければ 悟朗さんのクリストファー・ジョージさんの吹き替えは4作になります。

<2020年10月17日追記>

自称吹替評論家様に追加のキャストを教えて頂きました。
どうも有難う御座いました。

***

元脱出マジックの魔術師で私立探偵のキャメロン・スティールの話です。
この映画はパイロット版ですが、キャメロン・スティールはシリーズ化されなかったそうです。

ヘンリー・ウォルディング博士とチャールズ・ウォルディング博士の兄弟が研究していた細菌。
チャールズ・ウォルディング博士はこれを悪用して世界征服を目論んだ。
探偵スティールは世界を救えるのか?
作品中、キャメロン・スティールの脱出の手際も見る事が出来ます。(笑)

同名(「大脱出」 2013年作品)のシルベスター・スタローンさん、アーノルド・シュワルツェネッガーさんの映画がありますが、全く無関係です。

***

クリックすると元のサイズで表示します
私立探偵キャメロン・スティール役のクリストファー・ジョージさん(納谷悟朗)

クリックすると元のサイズで表示します
マッドサイエンティストのチャールズ・ウォルディング博士(ジョン・ヴァーノン/声不明 嶋俊介)

悟朗さんは「殺しの分け前 ポイント・ブランク」でバーノンさんを吹き替えられた事があります。

クリックすると元のサイズで表示します
ヘンリー・ウォルディング博士(ウィリアム・ウィンダム/声不明)、博士の娘スーザン(マーリン・メイソン/声不明 池田和歌子)、探偵スティールのパートナー、ニコラス(エイブリー・シュレイバー/声不明)

***

「大脱出」
Escape 1971年 米 テレビムービー
放送年月日、放送局不明

キャメロン・スティール(クリストファー・ジョージ):納谷悟朗
チャールズ・ウォルディング博士(ジョン・ヴァーノン):嶋俊介
ニコラス・スライ<スティールのパートナー>(エイブリー・シュレイバー):声不明
スーザン・ウォルディング(マーリン・メイソン):池田和歌子 マーリン・メイスン
ヘンリー・ウォルディング博士(ウィリアム・ウィンダム:声不明
エブリン・ハリソン(グロリア・グレアム):近藤高子 グロリア・グラハム
ルイス・ハリソン上院議員(ウィリアム・シャラート):声不明
ギルバート(ハンツ・ホール):声不明

***

クリックすると元のサイズで表示します
クリストファー・ジョージさん
TV「不死身の男」(1970年本国放映)より

マイナーな作品ですが、私は何故か「不死身の男」を良く覚えています。
私が拝見したのは再放送でしたが。(声は家弓家正さん)

クリストファー・ジョージ
Christopher George
1931年2月25日〜1983年11月28日 ミシガン州出身

***

*自称吹替評論家様
*ウィキペディア、IMDb
*Daily DEAD様
タグ: 納谷悟朗

2020/9/27

要塞攻略戦  吹き替え
クリストファー・ジョージさん主演の「要塞攻略戦」(1968年作品)です。
これはTV「ラット・パトロール」のエピソード「暁の大脱走作戦」(Last Harbor Raid 第1シーズン、15話、16話、17話)を編集して劇場公開した物だそうです。
悟朗さんはTVではドイツ軍のデートリッヒ大尉役でしたが、「要塞攻略戦」では主役のトロイ軍曹でした。

「ラット・パトロール」は日本では第1シーズンと第2シーズンでキャストが違っており(放送局が変わり、配役が総入れ替えになりました。)悟朗さんは第2シーズンにご出演でした。
第1シーズンが日本テレビ、第2シーズンがNETでした。

「要塞攻略戦」は初回放送(1973年3月)がNETの土曜映画劇場です。
NETで放送した「ラット・パトロール」第2シーズンでのトロイ軍曹は小林昭二さんでした。
悟朗さんがNETで最初にジョン・ウェインさんを吹き替えたのが1972年10月なのですが、その流れで本来なら小林昭二さんの役を吹き替えられたのでしょうか。

キャストがTVと同じなのは、太一郎さんのみです。
なっちゃんの役を井上真樹夫さんが演じていらした様です。

ラット・パトロールがフランス人漁師の助けを借り、連合軍の捕虜を救出すると言うストーリーです。

***

<2020年10月4日追記>

ペティグルーのキャストを自称吹替評論家様に教えて頂きました。
有難う御座いました。

ペティグルー役は堀勝之祐さんだったそうで、これはNETのTVと同じキャストです。
オリジナルキャストは太一郎さんと堀さんのお二人と言う事になります。

***

クリックすると元のサイズで表示します
「要塞攻略戦」 ポスター

後列:ペティグルー(声不明 堀勝之祐)、モフィット軍曹(広川太一郎)
前列:ヒッチコック(井上真樹夫)、トロイ軍曹(納谷悟朗)

<NET版TVのキャスト>

ペティグルー(堀勝之祐)、モフィット軍曹(広川太一郎)、ヒッチコック(野沢那智)、トロイ軍曹(小林昭二)

<TV「暁の大脱走作戦」でのキャスト(日本テレビ)>

ペティグルー(愛川欽也)、モフィット軍曹(田口計)、ヒッチコック(仲村秀生)、トロイ軍曹(金内吉夫)

クリックすると元のサイズで表示します
トロイ軍曹(クリストファー・ジョージ/納谷悟朗)、インドルース少佐(ジョン・アンダーソン/声不明)

*クリックすると拡大します

クリックすると元のサイズで表示します
モフィット軍曹(ゲーリー・レイモンド/広川太一郎)、マリアン(クロディーヌ・ロンジェ/鈴木弘子)、ヒッチコック(ラリー・ケーシー/井上真樹夫)

*クリックすると拡大します

クリックすると元のサイズで表示します
納谷悟朗、広川太一郎

クリックすると元のサイズで表示します
井上真樹夫、納谷悟朗

クリックすると元のサイズで表示します
広川太一郎、ペティグルー(堀勝之祐)

クリックすると元のサイズで表示します
エル(スタンリー・アダムス/声不明)

***

「要塞攻略戦」 Massacre Harbor 1968年 米
1973年3月31日(土)NET 土曜映画劇場
1975年9月6日(土)テレビ朝日 土曜映画劇場

トロイ軍曹(クリストファー・ジョージ):納谷悟朗
モフィット軍曹(ゲーリー・レイモンド):広川太一郎
ヒッチコック(ラリー・ケーシー):井上真樹夫
ペティグルー(ジャスティン・ター):声不明 堀勝之祐
マリアン(クロディーヌ・ロンジェ):鈴木弘子

エル(スタンリー・アダムズ):声不明
ベルテーヌ(ウィル・クルバ):声不明
インドルース少佐(ジョン・アンダーソン):声不明
ランダース大佐(ハリー・ランダース):声不明

***

*自称吹替評論家様
*“タラ”と“ララ”に愛をこめて様
*ウィキペディア、IMDb他
タグ: 納谷悟朗

2020/9/17

メイデイ40000フィート  吹き替え
デビッド・ジャンセンさん主演の「メイデイ40、000フィート」(1976年作品、TVムービー)です。
当時定番の飛行機パニック映画です。
護送中の凶悪犯が、FBI捜査官から銃を奪って発砲。
状況が悪化していきます。

デビッド・ジャンセンさんは機長役です。(声、睦五郎)
悟朗さんは副操縦士役のクリストファー・ジョージさんの声を担当なさっていました。
ジョージさんの奥様のリンダ・デイ・ジョージさんもご出演です。
(声は前回ご紹介した「アニマル大戦争」と同じ宗形智子さん)

初回放送時に拝見しているのですが、悟朗さんが機長だったとずっと思っていました。
今回、少し流し見したのですが(吹き替えではありません)機長が負傷して、途中から副操縦士が操縦かんを握っていました。
多分そのあたりのシーンだけを記憶していた模様です。(苦笑)

他にもテレビで良くお見かけする俳優さんが沢山ご出演でした。
レイ・ミランドさんも存在感がありました。

アトリエうたまる様がキャスト詳細を載せて下さっていました。
有難う御座いました。

***

クリックすると元のサイズで表示します
「メイデイ40000フィート」 北米版DVDの表紙 (2010年2月24日発売)
テレビムービーですが、DVDが出ていました。

クリックすると元のサイズで表示します
ピート・ダグラス機長(デビッド・ジャンセン/睦五郎)、スタン副操縦士(クリストファー・ジョージ/納谷悟朗)、マイク飛行技師(ドン・メレディス/羽佐間道夫)

*クリックすると拡大します

クリックすると元のサイズで表示します
クリストファー・ジョージさん(納谷悟朗)、デビッド・ジャンセンさん(睦五郎)

*クリックすると拡大します

クリックすると元のサイズで表示します
ドン・メレディスさん(羽佐間道夫)、クリストファー・ジョージさん(納谷悟朗)、キャシー役のリンダ・デイ・ジョージさん(宗形智子)、デヴィッド・ジャンセンさん(睦五郎)

*クリックすると拡大します

クリックすると元のサイズで表示します
シンディ役のクリストファー・ノリスさん(声不明)、テリー役のシャニ・ウォーリスさん(声不明)、ドン・メレディスさん(羽佐間道夫)

クリストファー・ノリスさんは「エアポート75」でも客室乗務員役でした。

*クリックすると拡大します

クリックすると元のサイズで表示します
マンハイム医師役のレイ・ミランドさん(大木民夫)

クリックすると元のサイズで表示します
納谷悟朗、睦五郎

*クリックすると拡大します

クリックすると元のサイズで表示します
納谷悟朗、羽佐間道夫

機長が負傷した為、着陸はこの二人で行います。
悟朗さんと羽佐間さんのシーン、ぜひまた拝見したいです。

*クリックすると拡大します

***

「メイデイ40000フィート」
Mayday at 40,000 Feet! 1976年 米 TVムービー
1983年1月23日(日) テレビ朝日 日曜洋画劇場

ピート・ダグラス機長(デヴィッド・ジャンセン):睦五朗
スタン副操縦士(クリストファー・ジョージ):納谷悟朗
マイク飛行技師(ドン・メレディス):羽佐間道夫
マンハイム医師(レイ・ミランド):大木民夫
キャシー(リンダ・デイ・ジョージ):宗形智子
凶悪犯グレコ(マージョー・ゴートナー):安原義人

リースFBI捜査官(ブロデリック・クロフォード):声不明
キティ・ダグラス<機長の妻>(ジェーン・パウエル):声不明
シンディ(クリストファー・ノリス):声不明
テリー(シャニ・ウォーリス):声不明
ベルソン(ハリー・ローデス):声不明
フォレンゾ(アル・モリナロ):声不明
ケント(ウィリアム・ブライアント):声不明

今西正男、瀬能礼子、白石冬美、青野武、朝井良江
上田敏也、北村弘一、飯塚昭三、村山明、村松康雄
屋良有作、安田亜希江、千田光男、小森明、西野純司
幸田直子、川浪葉子

<日本語版制作スタッフ>

演出:高桑慎一郎
翻訳:進藤光太
調整:山田太平
効果:大野義信
制作:日米通信社

***

*自称吹替評論家様
*アトリエうたまる様
*IMDb他
タグ: 納谷悟朗

2020/9/12

アニマル大戦争  吹き替え
クリストファー・ジョージさん主演の「アニマル大戦争」(1977年作品)です。
オゾン層の異変で動物たちが狂暴化し、人々を襲うと言う動物パニックです。
監督は「グリズリー」のウィリアム・ガードラー監督です。

悟朗さん/クリストファー・ジョージさんはシエラ山脈をハイキングするグループのガイド役です。
クリストファー・ジョージさんの奥様のリンダ・デイ・ジョージさん、レスリー・ニールセンさん、「ガンマー第3号」のリチャード・ジャッケルさんもご出演でした。

スティングレイ様のサイトにキャスト詳細が載っていました。
また、アトリエうたまる様がスタッフの資料も載せて下さっていましたので参考にさせて頂きました。

***

クリックすると元のサイズで表示します
「アニマル大戦争 特別版」(吹替収録、廃盤)の表紙 (2009年1月21日発売)

クリックすると元のサイズで表示します
「アニマル大戦争」 北米版ブルーレイの表紙 (2013年11月25日発売)

クリックすると元のサイズで表示します
スティーブ・バックナー役のクリストファー・ジョージさん(納谷悟朗)

*クリックすると拡大します

クリックすると元のサイズで表示します
グッドウィン夫人役のルース・ローマンさん(此島愛子)、テリーのリンダ・デイ・ジョージさん(宗形智子)、ボブのアンドリュー・スティーブンスさん(塩屋翼)

*クリックすると拡大します

クリックすると元のサイズで表示します
ベス役のキャスリーン・ブラッケンさん(川浪葉子)とポールのレスリー・ニールセンさん(穂積隆信)

パニック映画ですが、画像だけで見るとレスリー・ニールセンさんがいらっしゃるだけで、何か可笑しい映画に思えてしまいますね。(笑)

*クリックすると拡大します

***

「アニマル大戦争」
Day of the Animals 1977年 米 
1982年8月22日 (日) テレビ朝日 日曜洋画劇場

スティーブ・バックナー(クリストファー・ジョージ):納谷悟朗
ポール・ジェンソン(レスリー・ニールセン):穂積隆信
テリー・マーシュ(リンダ・デイ・ジョージ):宗形智子
テイラー・マグレガー教授(リチャード・ジャッケル):中田浩二
ダニエル・サンティー(マイケル・アンサラ):樋浦勉
シャーリー・グッドウィン夫人(ルース・ローマン):此島愛子
ロイ・ムーア(ポール・マンティ):嶋俊介
フランク・ヤング(ジョン・セダー):津嘉山正種
ボブ・デニング(アンドリュー・スティーヴンス):塩屋翼
ベス・ヒューズ(キャスリーン・ブラッケン):川浪葉子
マンディ・ヤング(スーザン・バックリーニ):高島雅羅
タッカー(ウォルター・バーンズ):宮川洋一

<日本語版制作スタッフ>

演出:高桑慎一郎
翻訳:宇津木道子
制作:日米通信社

***

*自称吹替評論家様
*アトリエうたまる様
*スティングレイ様
*IMDb他
タグ: 納谷悟朗

2020/9/3

タイムトンネル 4話  TV吹き替え
自称吹替評論家様に「タイムトンネル」の悟朗さんのゲスト出演作「トロイの神々」(第4話)を教えて頂きました。
どうも有難う御座いました。

以前第21話(本国25話)「死の商人」を載せました。
悟朗さんのゲスト作が2作になりました。

***

今回の舞台は1200年BC頃、トロイとギリシャの戦い(トロイ戦争、トロイア戦争)です。
トロイの木馬も出てきました。

悟朗さんはユリシーズの側近サルディス役です。
お蔭様で拝見させて頂いたのですが、声のキャスト詳細は分かりませんでした。
キリアン史跡博物館様が詳細を載せて下さっていましたので、参考にさせて頂きました。

***

クリックすると元のサイズで表示します
トニー(ジェームス・ダーレン/宗近晴見)とダグ(ロバート・コルバート/小笠原良知)
いつもの恰好ですが、ユリシーズからオリンポスから来た神々として歓待されます。
(歴史を知っているので、神は何でも知っていると思われるんですね。笑)

クリックすると元のサイズで表示します
ユリシーズ役のジョン・ドーセットさん(水島弘)

クリックすると元のサイズで表示します
側近のサルディス(ジョセフ・ラスキン/納谷悟朗)
「スパイ大作戦」等で時々お見かけした事のある俳優さんです。

クリックすると元のサイズで表示します
ヘレン(ディー・ハートフォード/浦川麗子)
検索した所、ハートフォードさんはご存命でした。(92歳)
お元気で何よりです。

クリックすると元のサイズで表示します
パリス役のポール・カーさん(杉裕之)
ポール・カーさんも他のTVでお見かけした事があります。

クリックすると元のサイズで表示します
ギリシャ軍姿のトニーとダグ
次は何処へ行くのでしょう?

*クリックすると拡大します

***

「タイムトンネル」
第4話 「トロイの神々」
本国第7話 Revenge of the Gods 1966年10月21日放送

ユリシーズ(ジョン・ドーセット):水島弘
サルディス<ユリシーズの側近>(ジョセフ・ラスキン):納谷悟朗
ヘレン(ディー・ハートフォード):浦川麗子
パリス(ポール・カー):杉裕之
ジグ曹長(ウェズリー・ラウ):大宮悌二

トニー・ニューマン博士(ジェームス・ダーレン):宗近晴見
ダグ・フィリップス博士(ロバート・コルバート):小笠原良知

アン・マグレガー博士(リー・メリウェザー):友部光子
ヘイウッド・カーク所長(ホイット・ビッセル):小山源喜
レイモンド・スウェイン博士(ジョン・ザレンバ):久米明
OPナレーション:小林恭二

***

<オマケ>

写真の画質がイマイチだったので、綺麗な写真を一枚載せます。
ボッティチェリ画 「パリスの審判」 (部分)

クリックすると元のサイズで表示します

パリスの審判の絵は結構ありますが、服を着ていない場合が多いです。
これは安心な一枚です。(笑)

*クリックすると拡大します

***

*自称吹替評論家様
*キリアン史跡博物館様
*IMDb他

タグ: 納谷悟朗

2020/8/27

ガッデム  OVA
OVAの「ガッデム」と言う作品です。
サファリラリーが舞台のアニメですが、企業内の権力争いが絡んでいます。

悟朗さんは大企業、聖王グループの宇津木常務役です。
聖王グループの会長が病気がちな為、野心を持っています。
高木均さんの佐治専務とコンビでご登場でした。
出番はそれ程多くありませんが、拝見出来て嬉しかったです。

***

クリックすると元のサイズで表示します
「ガッデム・サバイバルチェイサー」の表紙 

クリックすると元のサイズで表示します
「ガッデム・ゴーアヘッド」の表紙

クリックすると元のサイズで表示します
レーサーの轟源<とどろき げん>(山寺宏一)

クリックすると元のサイズで表示します
ゲンのナビゲーターのロヴ(中尾隆聖)

クリックすると元のサイズで表示します
聖王グループ、海外事業部支配人、六甲寺司(鈴置洋孝)

クリックすると元のサイズで表示します
聖王グループ、宇津木常務(納谷悟朗)

*クリックすると拡大します

クリックすると元のサイズで表示します
聖王グループ、佐治専務(高木均)

クリックすると元のサイズで表示します
シンのナビゲーター、ディック(江原正士)とインド人レーサーのシン(玄田哲章)

*クリックすると少し拡大します

***

「ガッデム」
OVA 全2巻 (各38分)
「ガッデム・サバイバルチェイサー」
「ガッデム・ゴーアヘッド」
1990年4月27日発売 日本ビクター

轟源:山寺宏一 
ロヴ・ロウ:中尾隆聖
六甲寺司:鈴置洋孝
コティ:渕崎ゆり子
シン:玄田哲章
ディック:江原正士
ハンス:関俊彦
トビー:中原茂
アーノルド:鈴木清信
安田妙子:佐久間レイ
新藤雪:篠原恵美
ジョー:安倍敦
エリック:三木眞一郎
佐治専務:高木均
宇津木常務:納谷悟朗
アナウンサー:橋本テツヤ
安永沙都子、津久井教生、中村秀利、深雪さなえ、上田敏也

***

*ウィキペディア他
タグ: 納谷悟朗

2020/8/20

暁の出航  吹き替え
ジョン・ミルズさん主演のイギリス映画「暁の出航」(1950年作品)です。
初期の吹き替え(1965年〜1969年)として以前ご紹介しました。
今回は写真を少し載せます。

悟朗さんは潜水艦の艦長役です。
お若いリチャード・アッテンボローさんもご出演でした。

***

演習の為出航したイギリスの潜水艦トロージャン(トロイの木馬)が、戦争中に残された機雷に接触して海底に沈没した。
生き残ったクルーは12名。
まず4名が救出された。
残りは8名だが、救命具が4人分しかなかった。
密室での心理劇です。

***

クリックすると元のサイズで表示します
「暁の出航」 DVDの表紙 (2015年 Digitally Enhanced DVD)

アームストロング艦長(ジョン・ミルズ/納谷悟朗)、スナイプ(リチャード・アッテンボロー/原田一夫)

クリックすると元のサイズで表示します
アームストロング艦長、スナイプ

クリックすると元のサイズで表示します
最後に残った4人です。

左から、ヒギンズ(ジェームズ・ヘイター/声不明)、艦長(ジョン・ミルズ/納谷悟朗)、スナイプ(リチャード・アッテンボロー/原田一夫)、マンソン中尉(ナイジェル・パトリック/声不明)
マンソン中尉は負傷して休んでいます。

*クリックすると拡大します

***

*例によって階級が良く分かりません。ご了承下さい。

「暁の出航」
ビデオタイトル:「英国潜水艦デス・ボート」
Morning Departure  1950年 英
別題:Operation Disaster
1965年5月17日(月)、18日(火)、19日(水) フジテレビ
*同じ作品を3日連続で放送

アームストロング艦長(サー・ジョン・ミルズ):納谷悟朗
マンソン中尉(ナイジェル・パトリック):西田昭市
スナイプ(リチャード・アッテンボロー):原田一夫
ヒギンズ(ジェームズ・ヘイター):声不明
マークス(ジョージ・コール):声不明
ゲイツ中佐(バーナード・リー):声不明
ジェームズ少佐(ケネス・モア):声不明

***

*自称吹替評論家様
*IMDb他
タグ: 納谷悟朗

2020/8/9

ハードジャッカー/標高10,000フィートの死闘!  吹き替え
カナダ映画の「ハードジャッカー/標高10,000フィートの死闘!」(1994年作品)です。
荒野の流れ者様が、悟朗さんがご出演でウィキにキャスト詳細が載っていると教えて下さいました。
全く知らない映画でした。
荒野の流れ者様、教えて下さりどうも有難う御座いました。

<2020年8月14日追記>

マイマイ様に再放送の日時を教えて頂きました。
どうも有難う御座いました。

***

テロ集団がスキーリゾートを占拠し、リゾート客を人質に立てこもった。
客の一人、現役警察官のジャック・ワイルドが単身テロに立ち向かう。
「ダイ・ハード」風の映画です。

テロのボスをクリストファー・プラマーさんが演じていらっしゃいます。
悟朗さんはマフィアのボス役です。
主人公ジャックのお相手役としてナスターシャ・キンスキーさんがご出演でした。

***

クリックすると元のサイズで表示します
「ハードジャッカー」 PAL版DVDの表紙 (2015年6月5日発売)
ジャック役のトーマス・イアン・グリフィスさん(大塚芳忠)と K.C役のナスターシャ・キンスキーさん(田中敦子)

クリックすると元のサイズで表示します
「ハードジャッカー」 日本版ビデオの表紙

悟朗さんがご出演になっているのは1996年の日曜洋画版ですが、ソフト版の吹き替えも存在するそうです。

クリックすると元のサイズで表示します
ジャック(トーマス・イアン・グリフィス/大塚芳忠)

クリックすると元のサイズで表示します
K.C(ナスターシャ・キンスキー/田中敦子)

クリックすると元のサイズで表示します
イヴァン・ゲッツ(クリストファー・プラマー/坂口芳貞)

*クリックすると少し拡大します

クリックすると元のサイズで表示します
ドン・ロッソ(ジョージ・トーリアトス/納谷悟朗)
犯人達が狙っているのは、彼が所持するダイヤモンドです。

***

「ハードジャッカー 標高10,000フィートの死闘」
Crackerjack 1994年 加
1996年8月4日(日) テレビ朝日 日曜洋画劇場
2000年2月10日(木) テレビ朝日 午後のロードショー

ジャック・ワイルド(トーマス・イアン・グリフィス):大塚芳忠
K.C(ナスターシャ・キンスキー):田中敦子
イヴァン・ゲッツ(クリストファー・プラマー):坂口芳貞
ソニー・ロッソ(ジョージ・トーリアトス):納谷悟朗
アニー(リサ・バンティング):叶木翔子
マイク・ワイルド(リチャード・サリ):牛山茂
モーレー(ウィリアム・S・テイラー):小島敏彦
マリオ(フランク・カッシーニ):大滝進矢
オリヴァー・グリーン教授(フランク・C・ターナー):水野龍司
アレックス(ドロシー・フェア):藤生聖子
ステファン(ウラジミール・クリッチ):谷口節
クラフト(アレックス・ディアカン):室園丈裕
レックス(スコット・マクニール):大黒和広
スパークス(ダグラス・アーサーズ):秋元羊介
ハーディ大佐(ダンカン・フレイザー):原田一夫
ジャクソン(トム・ピケット):伊井篤史
キャロライン・ワイルド(スージー・ヨアキム):喜田あゆ美
無線の声:渡辺美佐
古田信幸

<日本語版>

演出:清水勝則
翻訳:日笠千晶
効果:南部満治
調整:長井利親
プロデューサー:福吉健、高橋由佳
解説:淀川長治
制作:ザック・プロモーション

***

*荒野の流れ者様
*ウィキペディア
*IMDb他
タグ: 納谷悟朗


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ