ご挨拶  
こちらのご挨拶は、常時トップに張り付いています。
最新記事はこの下にありますのでご覧下さい。

クリックすると元のサイズで表示します
nayagorofan photo

悟朗さん、本当に有難う御座いました。
悟朗さんの作品が皆様の心に永遠に残ります様に。

***

ようこそお越し下さいました。

こちらは未公認の納谷悟朗さんの後援会です。
ファン歴45年の自称後援会長が、納谷悟朗さんの作品をご紹介しています。
納谷悟朗さんがご出演になった作品に対して、著作権侵害の意図はありません。

***

<お知らせ>

自称納谷悟朗後援会日誌<別館>ですが、ヤフーのブログがサービス終了になる為、アメーバのブログに引越しました。
ヤフーも2019年12月15日までご覧頂けます。

アメーバですが、PCで見るとブログ内検索の窓があるのですが、スマホにはありません。(アメーバ全体の検索のみ)
ややこしい手順が必要らしいので(??)お手数ですがスマホでブログ内検索が必要な場合は、パソコン表示にしてチェックなさって下さい。
(簡単な方法がもしかしたらあるのかもしれませんが、今の所一番これがラクだと思います???)

引越し先のリンクです。

https://ameblo.jp/nayagorofan/

***

カテゴリーの説明はこちらでお読み下さい。

プロフィールはこちらです。

<蛇足>
AOLでの最終アクセス数です。興味のある方はご覧下さい。(笑)
こちらでご覧になれます。

***

日誌内での検索をされる時は、「このブログを検索」を忘れずにチェックして下さい!

***

こちらの日誌はリンク・フリーです。
リンクはご自由にお貼り付け下さい。
但し相互はやっておりませんので、ご了承下さい。

***

記事には、情報をお寄せ下さった方のお名前をお載せしています。
自分はそうして欲しくないと仰る方は、掲示板メールにてご連絡下さい。

***

「銭形悟朗」の絵について。
転載はご遠慮下さい。
詳しくは、プロフィールをご覧下さい。

***


2010年1月23日追記

2010年から字を大きくしようと思っていたのですが、結局今まで保留していました。
とりあえず「ご挨拶」といくつか記事のフォントを変えました。
少しは見やすくなったでしょうか???(笑)
タグ: 納谷悟朗

2022/6/30

忍者キャプター  ナレーション
goo の記事はこちらです。

https://blog.goo.ne.jp/nayagorofan/e/61b51107e169045a64253142e2791fdf

「10月のミサイル」の記事のキャストに間違いがあったのですが、こちらの日誌はもうすぐ消えてしまうので訂正しません。
goo の記事に訂正を入れておきました。
リチャード75様、有難う御座いました。

https://blog.goo.ne.jp/nayagorofan/e/00a53234a43374e7616169ed3cf25d97

***

クリックすると元のサイズで表示します
Pixabay photo

ピンクのカーネーション
花言葉:感謝
タグ: 納谷悟朗

2022/6/15

愛の戦士レインボーマン  ナレーション
goo の記事はこちらです。

https://blog.goo.ne.jp/nayagorofan/e/6e7dfba9b0e7c6c9fe699c3d2feee430

***

クリックすると元のサイズで表示します
Pexels Photo (Ivan Samkov)

ピンクのバラ 
花言葉:感謝
タグ: 納谷悟朗

2022/6/2

隼人が来る  ナレーション
6月になりました。
teacupのサービス終了まで二か月です。
8月1日になると、掲示板も日誌もすっかり消滅してしまうなんて、「スパイ大作戦」の指令のテープみたいである意味面白いです。(笑)
(勝手に消えてしまうのも、何か清々しくて天晴な最後の様な気がします。笑)

この日誌もなくなるのを待つばかりになって来ました。
折角記事を載せてもすぐ消えてしまうので、当初の予定を変更して、これからは goo の記事のリンクのみを載せさせて頂きます。
宜しくお願い致します。

なお掲示板は引き続き、最後まで通常運転しますので、今まで通りお書込み下さい。

goo の記事はこちらです。

https://blog.goo.ne.jp/nayagorofan/e/a426b619e1b1f0eeb244caf2090208af

***

クリックすると元のサイズで表示します

「スパイ大作戦」の自動的に消滅するテープ(笑)

タグ: 納谷悟朗

2022/5/21

魔神バンダー  ナレーション
goo の記事はこちらです。

https://blog.goo.ne.jp/nayagorofan/e/4e45a8e1a112bd11a07cc12e00399c15

***

「魔神バンダー」(1969年作品)と言う特撮です。
手塚治虫さんの漫画「魔神ガロン」のパイロット版(実写)を制作したが使われなかった為、それを参考に新たに作られた番組だそうです。
悟朗さんはナレーションです。

元々は26話の予定だったそうですが、結局全13話が放送されました。
ビデオ等も出ていません。
かなりマイナーな印象ですが、私は拝見した事がある様です。(何故か主題歌を覚えていました。)

第一話から、悟朗さんのナレーションをご紹介します。
少しお話の設定が分かると思います。
悟朗さんお得意の、ほぼ全てに句読点が付くナレーションです。

「地球より、10万5千キロの宇宙に、謎の彗星と伝えられる、パロン彗星がある。
そこには、ボランと呼ばれる、恐るべき、宇宙のエネルギーがあった。
だが、そのエネルギーは、何者かによって、地球へと持ち去られた。
もし爆発をしたら、地球は一瞬のうちに全滅する。
人類の危機が、刻一刻と切迫していた。
調度その頃、宇宙から、地球へ向かう3つの物体があった。」

地球から「10万5千キロ」と言うのは、多分「10万5千光年」のつもりだったのだと思います。(??)
台本が間違っていた模様です。(??)

地球へ向かう3つの物体とは、ボランを取り戻すためにやって来たパロン星の王子、王子の護衛と魔神バンダーです。

***

クリックすると元のサイズで表示します
魔神バンダー
スーツアクターは菊池英一さんだそうです。(帰って来たウルトラマンの人)

クリックすると元のサイズで表示します
これも魔神バンダーです。
バンダーは普段はこういう顔で、怒ると上記の姿になるそうです。
カワイイですね。

***

「魔神バンダー」
1969年1月5日(日)〜1969年3月30日(日)
夜6時〜6時30分 フジテレビ
全13話

ナレーション:納谷悟朗

パロン彗星の王子:角本秀夫
X-1号(王子の護衛):平松慎吾
立花博士:湊俊一
犬山五郎(立花博士の助手):浅香春彦
映子(立花博士の助手):加川淳子

バーンズ(記者):フレッド・マイケル・ボサート
エミー原田(特派員):吉野妙子

イヨン・ゴーダー
ローズ(ゴーダーの秘書)

魔神バンダー:菊池英一

***

*ウィキペディア他
タグ: 納谷悟朗

2022/5/11

熱き血のイレブン  ナレーション
goo の記事はこちらです。

https://blog.goo.ne.jp/nayagorofan/e/65aa14a7805b2e1764295b8cbccd8687

***

梶原一騎さん原作のアニメ「赤き血のイレブン」(1970年作品)です。
新生高校のサッカー部を描いた作品です。
悟朗さんはナレーションです。

私は残念ながらあまりサッカーに興味がなく、このアニメはほとんど拝見していません。
第一話の冒頭にナレが入っているのですが、他のエピソードにもナレーションがあったのか不明です。
また悟朗さんは予告ナレーションを2話〜19話まで演っていらっしゃいました。
(1話の終わりに第2話の予告〜18話の終わりに第19話の予告)
20話の予告から、山本嘉子さんが役の明日香守として予告していらっしゃいます。

***

クリックすると元のサイズで表示します
「赤き血のイレブン」(第13巻)DVDの表紙 (2006年9月20日発売)

クリックすると元のサイズで表示します
悟朗さんのクレジットです。
すごいキャストですね。

***

「赤き血のイレブン」
1970年4月13日(月)〜1971年4月5日(月)
夜7時〜7時30分 日本テレビ
全52話(悟朗さんは18話まで?)

ナレーション:納谷悟朗

玉井真吾:田中亮一
松木天平(監督):村越伊知郎
大平洋介:兼本新吾
青田光:森功至
青田衛吾作(光の父、PTA会長):雨森雅司
森山校長:村瀬正彦
駒野次郎:肝付兼太
玉井輪吉(真吾の父):大木民夫
永田真(真吾の実父):永井一郎

市川治、池田秀一、納谷六朗、仲村秀生、神谷明、青野武、山本嘉子
白石冬美、林玲子、堀鞠子、中田浩二、小林清志、野沢雅子、宮内幸平 他

***

*ウィキペディア他
タグ: 納谷悟朗

2022/4/28

コートにかける青春  ナレーション
goo の記事はこちらです。

https://blog.goo.ne.jp/nayagorofan/e/9e2ed4574353f798c1f2b1390f3a8990

***

紀比呂子さん主演のスポ根「コートにかける青春」(1971年作品)です。
姉妹(本当は従妹)が共にウィンブルドンを目指すと言う話です。
ナレーションは勿論悟朗さんです。
このナレーションは、本編に細かく説明が入るナレでした。(笑)

私が「コートにかける青春」を拝見したのは再放送だったと思います。
本放送時は「ウルトラマンA」がウラだった様です。

「コートにかける青春」のソフトは出ていないそうです。

***

クリックすると元のサイズで表示します
悟朗さんのクレジットです。

クリックすると元のサイズで表示します
槇さおり役の紀比呂子さん

クリックすると元のサイズで表示します
妹の東城真琴(森川千恵子)
「仮面ライダー」の森川千恵子(真樹千恵子)さんです。

クリックすると元のサイズで表示します
真琴(森川千恵子)とさおり(紀比呂子)

*クリックすると拡大します

クリックすると元のサイズで表示します
実況アナウンサー役の逸見政孝アナ
お若いですね!

***

「コートにかける青春」
1971年9月3日(金)〜1972年8月25日(金)
夜7時〜7時30分 フジテレビ
全52話

ナレーション:納谷悟朗

槇さおり:紀比呂子
東城真琴:森川千恵子

尾崎:中尾彬
田淵豪:睦五郎

実況アナウンサー:逸見政孝

***

*ウィキペディア他

タグ: 納谷悟朗

2022/4/17

アテンションプリーズ  ナレーション
goo の記事はこちらです。

https://blog.goo.ne.jp/nayagorofan/d/20220417

***

紀比呂子さん主演の「アテンションプリーズ」です。
国際線のスチュワーデス(あえてこのワードを使います!笑)101期生の物語です。
「サインはV」の後番組で、悟朗さんは引き続きナレーションを担当なさっていました。
范文雀さんもご出演です。

2006年にリメイクされています。(上戸彩さん主演)

***

クリックすると元のサイズで表示します
美咲洋子役の紀比呂子さん

クリックすると元のサイズで表示します
田村早苗(范文雀)、美咲洋子(紀比呂子)、香川妙子(皆川妙子)

范文雀さんの早苗は、元々100期生で落第して洋子のクラスに入ったと言う設定でした。

*この写真は、TVガイドの表紙(部分)です。

クリックすると元のサイズで表示します
「アテンションプリーズ」のレコードのジャケットです。

中央は三上教官(佐原健二)
教官の左は紀比呂子さん、右は范文雀さん

*クリックすると拡大します

***

「アテンションプリーズ」
1970年8月23日(日)〜1971年3月28日(日) 
夜7時30分〜8時 TBS 
全32話

ナレーション:納谷悟朗

美咲洋子:紀比呂子
田村早苗:范文雀
香川妙子:皆川妙子
高村機長:竜雷太
堤健二:山内賢
田村順一(早苗の弟):池田秀一

***

*ウィキペディア他
タグ: 納谷悟朗

2022/4/8

燃えろアタック  ナレーション
goo の記事はこちらにあります。

https://blog.goo.ne.jp/nayagorofan/d/20220408

***

バレーボールのスポ根ドラマをもう一つご紹介します。
荒木由美子さん主演の「燃えろアタック」です。(1979年作品)
石森章太郎先生原作のドラマです。

小鹿ジュンは、北海道から東京の白富士学園高校に入学し、母の恩師が顧問を務めるバレー部に入部した。
彼女は行方が分からない母を探しつつ、バレー部のエース、そしてオリンピック代表を目指す。

翌年にモスクワオリンピックを控え、制作されたバレーボールのスポ根でした。
ラストでジュンはオリンピックの代表選手に選ばれますが、実際には日本はモスクワ五輪をボイコットしました。

悟朗さんは勿論ナレーションです。
荒木由美子さん演じる小鹿ジュンの父親役に小林昭二さん。
川合伸旺さんもお見かけしました。

***

クリックすると元のサイズで表示します
小鹿ジュン役の荒木由美子さん

クリックすると元のサイズで表示します
ジュンと父親の幸太郎(小林昭二)

*クリックすると拡大します

クリックすると元のサイズで表示します
白富士学園バレー部の速水コーチ(南条豊)

オマケです。
クリックすると元のサイズで表示します
矢崎PTA会長(川合伸旺)と娘のサチ(青木純)

川合さんは、ジュンの高校でのライバル矢崎サチの父親役でした。

***

「燃えろアタック」
1979年1月5日(金)〜1980年7月11日(金)
夜7時30分〜8時 テレビ朝日
全71話

ナレーション:納谷悟朗

小鹿ジュン:荒木由美子
小鹿幸太郎:小林昭二
速水大介コーチ:南條豊

***

*ウィキペディア他
タグ: 納谷悟朗

2022/4/1

お知らせ  
皆様、
既にご存じの通り、teacup のサービスが8月1日で終了になります。
これからの事についてお知らせします。

<掲示板>

皆様に色々ご教示頂き、私にとってはとても有難い存在でした。
でも掲示板と言う形態は過去の物になりつつあると思います。
それで新しく掲示板を開設する事はせず、潔く8月1日をもって終了するつもりです。
長い間、本当にどうも有難う御座いました。

サービス終了まで今まで通りやっていきますので、終了まで、どうぞ引き続き情報等をお書込み下さい。

<日誌>

とにかく資料は残しておきたいと思い、gooブログを開設しました。

https://blog.goo.ne.jp/nayagorofan

ゆっくり更新して、いずれはアーカイブのみにしていこうと思っています。
サービス終了までは、こちらのブログとgooブログを同時更新するつもりです。

いつの間にか日誌も20年近く経ちました。(2004年12月開設)
皆様、辺鄙な所へご訪問下さり本当にどうも有難う御座います。

自称納谷悟朗後援会長






teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ