2021/11/17

クリックすると元のサイズで表示します
ルピナス Pixabay(こうきちでん様写真)
*クリックすると拡大します

今年のお花はデニス・ムーアのルピナスにしました。
花言葉は「いつも幸せ」

11月17日は悟朗さんのお誕生日、六朗さんのご命日です。

***

少し前になりますが、荒野の流れ者様が、アトリエうたまる様が「哀愁」のキャスト詳細を載せて下さっていると教えて下さいました。
どうも有難う御座いました。
アトリエうたまる様の資料はテレビ放送のクレジットの様です。
アトリエうたまる様、貴重な資料をどうも有難う御座いました。

以前にも書きましたが、初回放送は放送時間を延長しており、完全版の吹き替えだった可能性があります。
完全版の吹き替えが残っていたら本当にスゴイのですが・・・。(笑)

私が以前載せた主要キャスト以外のキャストが、アトリエうたまる様の資料とは異なっていました。
以前載せた資料も一応残しておきます。
また分かっている再放送履歴も載せておきました。

<2021年11月20日追記>

マイマイ様に、1981年8月1日の再放送の放送局と放送枠を教えて頂きました。
どうも有難う御座いました。

***

クリックすると元のサイズで表示します
「哀愁」 北米版ブルーレイの表紙 (2020年10月27日発売)

クリックすると元のサイズで表示します
「哀愁」 スペイン版ブルーレイの表紙(部分)
駅での再会のシーンがデザインされています。

クリックすると元のサイズで表示します
ロイ(ロバート・テイラー/納谷悟朗)、マイラ(ヴィヴィアン・リー/武藤礼子)

***

「哀愁」
Waterloo Bridge 1940年 米
1972年10月5日(木) 東京12チャンネル 木曜洋画劇場 午後9時〜11時14分
再放送:1974年11月21日(木) 東京12チャンネル 木曜洋画劇場
再放送:1981年8月1日(土) 放送局、放送枠不明 テレビ朝日 ウィークエンド・シアター

マイラ(ヴィヴィアン・リー):武藤礼子
ロイ・クローニン大尉(ロバート・テイラー):納谷悟朗
キティ(ヴァージニア・フィールド):富永美沙子  
マーガレット・クローニン(ルシール・ワトソン):鈴木光枝
オルガ・キロワ(マリア・オーペンスカヤ):関弘子
公爵(C.・オーブリー・スミス):高塔正康

稲葉まつ子、上田敏也、吉沢久嘉、中島喜美栄、宮内幸平

<以下は以前載せた資料です> 参考のみ

吉沢久嘉、飯塚昭三、八代駿、塚田恵美子、白石冬美、山本嘉子

<日本語版制作スタッフ>

演出:小林守夫
翻訳:森田瑠美
調整:前田仁信
効果:重秀彦、TFCグループ
制作:東北新社

***

<オマケ>

クリックすると元のサイズで表示します
1931年版の「哀愁」から。(実際のタイトルは「ウォタルウ橋」)
クローニン大尉(ケント・ダグラス)とマイラ(メイ・クラーク)

俳優さんが違うと雰囲気が全く変わりますね。
メイ・クラークさんは「フランケンシュタイン」(1931年作品)でフランケンシュタインの妻役を演じていらっしゃいました。

***

*自称吹替評論家様
*想い出の東京12チャンネル様
*アトリエうたまる様
*荒野の流れ者様
*IMDb他

2021/11/21  0:46

投稿者:自称納谷悟朗後援会長
マイマイさん、
教えて下さりどうも有難う御座いました!

2021/11/17  23:06

投稿者:マイマイ
1981年8月1日(土) 
テレビ朝日 ウィークエンド・シアター

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ