2020/11/1

デビーちゃんの記録  デビーちゃん

New Familyのデビーちゃん
クリックすると元のサイズで表示します
今日、やっと我が家に







初めて出会った日のデビーちゃん
クリックすると元のサイズで表示します
2020年9月29日撮影



デビーちゃんの元飼い主は、
80代のご高齢夫婦
奥様は突然、他界。
旦那さんは身体が不自由なため、
施設への入所が即決定した。

すぐに施設に移動になるという
旦那さんに、デビーちゃんのこと
助けてちょうだいと哀願されたものの
よしおが他界した翌日だったため、
見送りのこととかで頭がいっぱいで
「しばらくここに置かせて下さい」と
答えるのが精いっぱいだった。


突然、配偶者に先立たれて
体も不自由なため、猫を残したまま
施設に移動をしなければいけない
旦那さんに対して、なぜ、
「猫ちゃんのことは心配
しないで下さい」と言ってあげれなかったのか
あとになって悔やまれた。

その数日後に息子さん夫婦には、
我が家で猫を引き受けるということを
お話して、そのことは施設にいる
旦那さんに伝えてもらった。
旦那さんは施設からは戻れない…
あって話をすることもできないが、
猫が引き取り手が決まったことを
喜んでいたと(ほっ)



デビーちゃんは2003年生まれの女の子 17才
クリックすると元のサイズで表示します
これは出会った日の写真  おとなしかった


もともとの名前はでぶちゃんだったが、
女の子をでぶちゃんと呼ぶのは…
名前を変えたらとまどうかなと悩み、
響きの似ているデビーちゃんと呼ぶことに。


ご家族の息子さん夫婦はいるが
少し離れた場所に住んでいて、
わけあって猫(デビーちゃん)を
引き取ることはできない。。。


お世話のため部屋に通いだして
しばらくたってから、まったく
便をしてないことで心配になり病院に。
(幸いかかりつけは我が家と同じ)



便秘で摘便の処置&点滴(10月12日)
クリックすると元のサイズで表示します
伸びた爪が肉球にささってしまってた



摘便のあとは数日は便をしてたものの、
又でなくなって、10/22に再度病院へ。
点滴もしていただいた。


クリックすると元のサイズで表示します



そんなこんなで誰も住んでいない部屋に
デビーちゃんを置いたまま1ケ月
今日ようやく彼女を我が家に連れてきた。


なくなった奥様とは数年おきに
お会いする程度だったが、
とても優しい感じの人という印象。
デビーちゃんは手の平に乗る子猫の
ときに保護されたという話だった。


高齢の体に鞭うって、身体の不自由に
なった配偶者の世話をしてきたことは
大変なことだったと思う。頭が痛いと
横になって、意識がなくなってしまい、
旦那さんがやっとの思いで廊下に出て
隣人に助けを呼び、その後、救急隊員が
やってきて、、、デビーちゃんはどんな
想いでその混乱の状況の中にいたのか…
愛情をこめてお世話していこうと思う。








★追記(2020年11月4日)



我が家にやってきたデビーちゃんは
予想外に早くリラックスした様子が
見られてほっと。家族にも甘えて…
高齢の子の引っ越しは事前に心配を
していたけれど案ずるがより、、と
なった。 ただ、まだ便秘がちで、
今日病院で3回目の摘便&点滴。


クリックすると元のサイズで表示します
デビーちゃんはひとり部屋で保護中




よしおも同じ位の年齢のときだったか、
まだ太目だった頃に便秘がちに
なったんだっけと思い返す。
改善するように工夫していこう。
快適に過ごしていけますように。








※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ