2021/2/20

たんぽぽのような女の子  デビーちゃん

Yさんの部屋に通ってお世話してた頃のデビー
クリックすると元のサイズで表示します


もといた部屋にドライがあったけど、
次第にあまり食べなくなったので、
ウエットを、あげるようになった、
それがいけなかったんだろうかと、


何がいけなかったんだろうか、と。


通いでお世話してた日々を
振り返り、あのときにすぐ家に
連れてきて、もっと何か対処を
続けていれば、もう少しでも
寿命が延びたんだろうかとか、 
色々なこと考えてしまって
昨夜なかなか眠れなかった。


我が家の廊下を闊歩してたデビー
台所で食事してるときに、
扉越しにのぞきこんでいたり。
他の子を見てそそくさと去ってた。


庭から部屋をのぞくと
ドアの前で待っていたり。
なので、その場所に
敷物を敷いておくようにした。
ずいぶんと待たせたと思う。


母が隣室なので、ちょこちょこ
デビーをかまってくれてた。
そのことはとても感謝している。



病院で歯を抜かれた直後のデビー
クリックすると元のサイズで表示します
よく耐えたよね


ほかにも悪い歯があった、
痛かったよね、


クリックすると元のサイズで表示します



昨日(2月19日)夕方、デビーは
私と母の見守る中、息をひきとった。
今は、安らかな顔をして、
まるで眠っているかのよう。
もう痛みを感じることもなく。
えらかったね、

ありがとうと伝えたい。
また会おうねって。


子猫だったデビーちゃんを
保護してくださったYさんにも、
お礼が言いたい。
(いつかあったときに言おう)



ありがとう
クリックすると元のサイズで表示します
たんぽぽのような女の子、デビーちゃん








クリックすると元のサイズで表示します









※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ