2008/5/13

よりちゃんの目  よりちゃん

 ひどい風邪をひいてたよりちゃん、保護からちょうど1ヶ月たち、病院へ
連れていきました。

 保護当初の体重2.6kg → 1ヶ月後 3.2kg と増えていました。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
 ワクチンを打ってもらいました☆
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
 保護当初は鼻がかなりつまって苦しそうで口で呼吸してたので…
そのときから比べるとだいぶ落ち着いたと思います。
でもまだ時々くしゃみしています。
先生は、ワクチンを打てばよくなる場合もあるからと言っていました。
 
よりちゃんのお腹は毛が薄めで、真ん中に白いすじのようなものがあるのがわかるので
先生に確認してもらうと、避妊手術の傷痕だということでした。
 腹部をチェックされるよりちゃん       避妊手術されていました。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

よりちゃんの右目はやはり回復は見込めず、機能もはたしていないということで、、、
痛がってるようには見えませんが、時々目やにが出ます。 
先生から眼球摘出手術の話も出ました。 
あるいは抗生物質による集中的治療で菌を殺してしまう方法もありとか。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

私自身、今まで関わってきた猫ちゃんたちの中では、眼球摘出した子はいなかったので
あまり知識もなく、即答もできず、その後自分でもいろいろ調べてみましたが…

  眼球摘出について
 眼球摘出は、非常に深刻な眼の病気やけがの治療で、どの治療法を用いても治せず、
 かつ、そのままにしておくとペット自体に害をおよぼす事(癌があったり、腐って
 くる等)が明らかになったときにとられる最後の手段です。   以下略

 正直言うと、眼球摘出ときくと、なんか恐ろしい気がしてしまいます。
 どうしても摘出したほうがいいなら、そうしようと思っていますが。

 自分でもどうしたらいいか悩んで、その後も先生に何度か電話で聞いてみたり。
抗生物質を投与し続ける場合、薬の副作用とかどうなんだろう?と心配したのですが
 さほど心配する必要もないということなので(多少お腹がゆるくなるかもと)、
先生と相談しとりあえず2種類の抗生物質を投薬してみることになりました。


   ↓ 保護当初のよりちゃん  保護翌日、病院にて
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
  このときからくらべるとだいぶ元気になりました。



2008/5/16  9:39

投稿者:猫の樹

みきさん どうもありがとう☆

よりちゃんはいつもべたべたに甘えてくる子で
病院でもともかく人なつこくふるまっているし
(前の飼い主さんから)よほど可愛がられてたのかな…という気がします。
でもなんで捨てられちゃったのかな。
かわいそうなよりちゃん。

この先なにがあるかわからないけど
よりちゃんが家猫として幸せに羽ばたいていけることを
なんとしても実現させたいと思っています。

2008/5/16  1:54

投稿者:みき

避妊手術の跡があるということはやはり飼い猫だったんですね...。
体重も増え、体調がよくなって来たのは嬉しいことですが、眼球のことはほんと心配ですね。
よりちゃんがんばれ!


http://diary.jp.aol.com/aujzpye6s4d2/


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ