2008/6/7

あじさいとお友達と  真藍ちゃん

 先日なくなった茶トラの子猫ちゃんを、主人とともに火葬で見送りました。
お骨の一部は父の仏壇におかせてもらいました。細かくなってひろえなかった遺灰は
自宅の庭のあじさいのところに埋めてあげました。

 少しですが、庭に咲くあじさいの花
 クリックすると元のサイズで表示します

 個人的に、あじさいは大好きな花なのです☆
あじさいについて調べると、咲始めからだんだん色が変わることから、
「移り気」や「心変わり」といったありがたくない花言葉がついてるようですが、
(色が変わるのは)心変わりからではなく、美しくなるための試行錯誤であるという
 いい意味での解釈?もありました(^^)
 以下、引用文
 …現に、いちど地面に根を張ったあじさいは、冬の間は枯れたようにみえながら、
  春になると再び強い生命力で新芽を伸ばし、緑の葉を広げます。
  そしてその花たちは日々美しくなるために色を変え、それでも満足せずに
  また色を変えていくのです。

 国などによっても花言葉は違いますが、そのほかに「一家団らん」
「家族の結びつき」「忍耐強い愛情」「元気な女性」と いろいろです。

 子猫ちゃんは小さくて性別がはっきりわからなかったのですが、たぶん女の子の
 ような気が… なまえをつけてあげたいと思い、男でも女でもおかしくないように
 真藍(しんあい)ちゃんと、つけました。 あじさいの花にちなんでつけました。
 「真」は父の戒名にも入ってるので。

 お庭には、ジョンがいます。 
 クリックすると元のサイズで表示します
 クリックすると元のサイズで表示します

 仏壇のある居間には、いつも ゆう君としろがいます。
 真藍ちゃんはさびしくならないだろうと思うのです。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します



2008/6/8  13:42

投稿者:猫の樹

ぽんたさん こんにちは

ぽんたさんの保護した子猫さんや、
真藍ちゃんのように、とても短い命だった子猫や
野良生活で命を落とした成猫さんたちもみんな
今度、生まれ変わったら、生涯 安泰で暮らせる
恵まれた家猫さんに生まれかわれますようにと
願うばかりです。

2008/6/8  1:03

投稿者:ぽんた

数日ぶりに拝見しましたら…あの仔猫ちゃんが亡くなっしまったとあり 涙が出ました 私も保護した仔猫が亡くなった事があります 今 一緒に暮らしている子の兄弟猫でした 手のひらに乗る程小さい体で 一週間 生きようと頑張っていた仔猫… せつないですね


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ