2008/7/12

陥落の日  ちゅうりん君

 なかなかつかまらなかった茶トラのちゅうりん君、、
 少しまえから両目がへんな様子で、心配してましたが
 今朝、保護希望のご夫妻がキャリーに入れることに成功!されました☆

 とうとうつかまった(!)
 クリックすると元のサイズで表示します
 ちゅうりん君が入ったキャリー
 クリックすると元のサイズで表示します

 しかし、すぐ病院に連れてったものの、とんだハプニングが。
 診察台のうえで、ちゅうりん君が、キャリーから飛び出してしまい、
 パニック状態で、診察室のなかのものをめちゃくちゃにしながら逃げまどい、、
 私も、先生も、パニック状態に。 極度の興奮状態といった様子で
 病院のゲージにも追い込むこともできず、すみっこでへたばった瞬間に
 ゲージでおさえつけながら、鎮静剤を。
 しばらくすると、意識もうろうになり、でもふらふらしながらも逃げるので
 先生がうまくネットに入れて、これはもうすぐに手術に入るということに。

 去勢手術、ワクチン接種、ウイルスチェック、レボリューションの処置を
 お願いし、仕事に戻りましたが、どっと落ち込むはめに。
 (…かわいそうなことをしてしまった)

 のちに、電話で確認したところ、ウイルスチェックの検査結果は、
 エイズ、白血病とも(+)陽性反応だということがわかり、再度落ち込み。
 
 …その後、気をとりなおし、冷静さを取り戻し
  ご夫妻に電話して、病院での状況や検査結果をご説明しました。
  しばらくすると奥さまがきてくださり、やはり保護してくださると。
  当面は、不在時は念のためにゲージに入れて、
  在宅時には、室内フリーにしてくださると。
  飲み薬、目薬で、眼の治療もしてくださると。。

  よかった。ほんとうに。 心配で、病院に問い合わせてみましたが、
  ちゅうりん君は、手術後はふつうに、落ち着いているそうです。

  病院へはご夫妻がお迎えにいってくださることになりました。

  すでに保護されたキジトラのくろちゃんはすぐにおうちになじんだそうです。
  先住猫ちゃんはまだ威嚇するそうですが、いつかは受け入れてくれるはず。
  
  本当に、よかった。 ちゅうりん君、、、

  自転車のかごの中も居心地よかったかもしれないけど、もっと楽に過ごせる
  場所に行けるんだよ。 怖い思いさせてしまい、本当にごめん、、

  ちゅうりん君、ずっと元気でいてほしい、幸せになってください。
  クリックすると元のサイズで表示します




2008/7/15  12:14

投稿者:猫の樹


tanaさん、こんにちは!
tanaさんのブログからの資料で、助かりました!

白血病ワクチンのことは、
この間、ご説明しておいたのですが、もう一度
ご夫妻に確認というか、お話してみますね。

2008/7/15  10:28

投稿者:tana

ちゅうりんくん、本当に良かったです!
ちなみに、里親さん宅の先住猫には白血病のワクチンは
打ってますか?
FeLVの場合ワクチン打てば絶対うつらないという保証はありませんが
念の為、で…。

http://madamzoo.exblog.jp/

2008/7/13  10:17

投稿者:猫の樹

ひろさん、みきさん、ぽんたさん、
どうもありがとうございます!

昨夜、奥さまからお電話をいただき、
ちゅうりん君はおうちで落ち着いて過ごしてるとの
ことで安心しました。
やはり、ゲージにいれると、出たがって鳴くので
ちゅうりん君だけを隔離し、ゆっくり休ませて
あげてるというお話でした。
キジトラのくろちゃんともいずれは一緒に仲良く
過ごせると思います。
昨日はちゅうりん君、かなりの体力を消耗してしまった
はずなので。

私はちゅうりん君と出会ってから1年ほどになりますが
最初の餌やりさんの話だと駐輪場に流れついてから
およそ1年半となります。そのまえから野良生活を
してたのかどうかはわからないのですが、もともとは
飼いネコであったように思います。
最初のころは、人がくれば甘えるような鳴き声で
かけよってきたちゅうりん君は月日が流れるにつれて、警戒心?のようなものが身についていったようです。
それでも、去年の秋から入居してきたご夫妻には
とてもなついていて、体もさわらせていました。

もっと早い時点でうまくつかまえて、去勢手術を
していればエイズに感染はしなかったのかもと
後悔も残ります。
でも、ご夫妻の愛情に包まれておだやかに幸せに
暮していられれば、発症もせず、長生きできるだろうと
考えています。

先日、マンションの敷地内(人が通らない場所)で
猫さんの白骨化した遺体を発見。
骨をひろい、自宅の庭に埋葬してあげましたが、
ちゅうりん君はあのような悲しい最期をとげずに
すむようになったと感じています。
いつかは寿命を終えるときがくるけど、そのときは
看取ってくれるかたがいるのだと。
そしてそれまでは愛情をかけられて生活できること
すべての猫さんがそのように生きていけるように
なれる日がくることを願い、今後も自分ができる
限りのことをしていきたいと思います。

長くなってしまいましたが
応援ありがとうございました!<m(__)m>(=^・^=)




2008/7/13  0:52

投稿者:ぽんた

ちゅうりん君 保護出来た事 良かったです 病院で暴れちゃったんだ 野良ちゃんだったんだもの ビックリして怖かったんでしょうね…白血病 他 陽性だったの 残念で胸が痛いです やはり野良ちゃんには感染してる子が多いのでしょうか 治療で治るんですか?本を見て勉強します ちゅうりん君 里親さんもいるし とても良い里親さんの様子。嬉しいです これから沢山愛情もらって 幸せになってね!マールちゃんのお届けは明日でしたっけ?道中気をつけて行ってきてください(o^-^o)よいご縁で有ります様に♪

2008/7/12  22:31

投稿者:みき

よかった、ちゅうりん君!
これから彼女と一緒に暮らせますね。
病気の治療も受けさせてもらえるし、
やさしい里親さんのお宅で長生きできますね。

2008/7/12  21:33

投稿者:ひろ

ちゅうりんくんが保護されて良かったです!
白血病とエイズが陽性だったにも関わらず受け入れてくださるのは有難いですね。
白血病は感染しやすいということですが、仲良しのキジトラさんは両方マイナスだったし、お水とご飯を別にして喧嘩しなければ先住さんに感染させないで済みそうですね。
ちゅうりん君、先にキジトラちゃんが居てくれるから不安も少ないと思います。
二匹の新生活に幸あれ!


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ