2010/10/2

遺棄された子   分類なし

  9月25日、1匹の猫さんが遺棄されてしまいました。
 (9月30日に飼い主が白状をして判明しました。

  遺棄された猫さん 年齢約4才 女の子 避妊手術済み
 クリックすると元のサイズで表示します

 猫を遺棄したのは、某マンションに住んでたNさん家族で、
 もともとご主人だけが地方に単身赴任してたのですが、
 家族一緒に暮らすことになったからと。
 Nさんちが猫を1匹飼っていることは知ってたので、
 私はてっきり猫も連れていくものと思っていたのですが、

 少し前にNさんちの奥さんとお会いしたときに移転先が
 社宅でペット不可でやむおえず貰い手を探してる、というので
 手放す気なのかと驚きましたが、日にちがもう迫ってたので
 「どうしても(貰い手が)見つからなければ社宅で内緒で飼うしか
 ないですよね」といった話をしました。
 そのときに、Nさんが
 公園の猫を手厚く世話している人がいますよね、とか
 言い出したので、へんなこと考えてるんじゃないのかなあと
 ふと不安が横切ったのですが、まさか本当に捨てるとは
 思いませんでした。
  でも引っ越し当日に部屋の点検で伺ったところ
 猫の姿がみあたらず、おかしいと思い、
 あとから奥さんに問いただすとある場所においてきたと。。
 だれも引き取り手がなく、連れていくのもご主人が
 反対するので仕方なかったというのです。

 Nさんの話では、子猫のときに保護してもう4才くらい。
 ずっと室内飼いだったということでした。
 

 置き去りにした場所は公園のすぐそばで、Nさんは以前から
 その付近でご飯もらってる猫さんが数匹いることを知ってました。
 その場所に捨てればなんとか世話してもらえるだろうとか考えたの
 でしょうか。

 昨日Nさんが鍵を返しにきたとき「猫を探して連れてきてほしい」と
 頼みこんで、キャリーを渡して、数時間探してもらいました。
 しばらくして、Nさんは戻ってきて「姿がみあたらない」と。
 「夜にならないと出てこないんじゃないかしら」と

 笑いながら言うので、唖然としてしまいました。
 
 
 以前その付近で捨てられた子が事故でぐしゃぐしゃに
 潰れて死んでたことがあったんですよ、とか
 他の猫さんに追い払われてご飯食べれず衰弱してしまいますよと
 そういった話をしても、Nさんは
 「でも自分たちの住まいもあやういのに、猫のことまでは…」と。
 家族じゃなかったんでしょうか。
 猫がみつかるまで探してほしいと頼みましたが、
 だめでした。 それでメールアドレスをおしえて
 猫ちゃんの写真を送って下さいと頼みました。

 今朝早く、Nさんから写メール届きました。
 「宜しくお願いします。取り急ぎ写真を送ります」とだけ、
 添えてありました。

 25日(遺棄したという日)のあとには
 横殴りのような強い雨が降ったり、雨続きでした。
 4年も家の中で飼われてて、突然外に出されて、どんな思いで
 いるのか 考えると落ち込みます。
 
 
 
  
 




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ