2012/2/27

子猫の保護  大地君

 今朝、子猫を保護しました


 生後1ケ月半位(獣医師推定)の男の子です。
クリックすると元のサイズで表示します


 今朝いつも通り公園でジョンをお散歩させているとき
 甲高い猫の鳴き声が聞こえてきたのであたりを見回すと
 茂みの中に子猫の姿が。

 
 発見したときに携帯でとった写真
クリックすると元のサイズで表示します

 怖がってるような様子で鳴いていました。
 声をかけると恐る恐る茂みの中から出てきました。

クリックすると元のサイズで表示します

 そのまま立ち去ることはできなくて、
 そばにいた主人に、「連れて帰ろう」と言いました。
 主人は「また増えちゃった」と笑いました。
 抱き上げて小走りで家まで急ぎました。
 途中で暴れ出してしまい主人がかわりに抱っこして、
 急いでジョンを家に連れて帰りキャリーを準備。
 子猫をキャリーに入れてひとまず車にのせました。

クリックすると元のサイズで表示します

 それから事務所をあけて事務所の猫にご飯あげたりして
 一段落したときによく考えてみたら、もしかしたら
 まだほかにも子猫がいるかもしれないと思って、
 近いけど車に乗って子猫がいた場所に戻ってみました。
 それで付近の茂みの中をかきわけながら探してみましたが
 他の子猫の姿はなく…箱などもおいてありませんでした。


 
 取り急ぎ子猫を病院に連れていきました。
クリックすると元のサイズで表示します

 片方の目の中で少し内出血をしてるらしいです。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 尿道の出口あたりにわずかに血の塊がついていました。 
クリックすると元のサイズで表示します

 先生いわく、膀胱炎とは考えにくく、強くぶつかったか、
 あるいは乱暴な扱いを受けたのかもということでした。

 虫くだしをのませてもらいました。
クリックすると元のサイズで表示します
 
 とても人慣れした様子で、爪を切ったあとがありました。
 首の後ろのあたりには、フロントラインらしきものを
 つけたあとのような箇所がありました。
 先生は「明らかに人の手がかかっていますね」と。
 何らかの事情で捨てられたのではないかというお話でした。
 
 いちおう、フロントラインスプレーでノミダニ駆除を
 してもらいました。子猫は元気そうな様子ですが、
 ワクチンは数日間、様子をみてから打つことにしました。

 体重は850gです。
クリックすると元のサイズで表示します

 その後、待合室に戻ると、キャリーの中でおしっこを
 したのですが血尿だったので、先生を呼んでみてもらうと、
 やはり膀胱あたりを強くぶつけたんじゃないかと。
 念のためお薬を処方しておきましょうという話になり、
 10日分のお薬と目薬を処方していただきました。



 ひとまず仕事場の台所にキャリーに入れておいています。
クリックすると元のサイズで表示します

 ウエットをあげたら一生懸命食べてました。
 食べたあと猫砂におしっこをしたのですが、病院でしたときと
 違って血が混じってる様子はありませんでした。
 でも肉眼ではわからないだけでまだ出血は完全には
 とまってないだろうと思います。
 敷物の下にカイロを入れて温かくしたらよく眠っています。
 さんざん大声で鳴いたので疲れてしまったのか…
 どれだけ心細い、恐ろしい思いをしたのか…
 考えるととてもかわいそうになります。


 もう大丈夫
クリックすると元のサイズで表示します
 たくさん食べて元気になって、みんなと遊ぼうね。
 



2012/2/29  10:34

投稿者:猫の樹


涼風さん☆ こんにちは☆

コメントどうもありがとうございます(=^^=)
幸い子猫は元気そうな様子で食欲もあって
ひと安心というか。 一生懸命お世話して
幸せになってもらえるよう頑張りますね。
いつもどうもありがとうございます(=^^=)

2012/2/27  22:13

投稿者:涼風

こんなにも、捨てられてしまう猫が大勢いて、
そういう行為を残酷と思わずに、平気でしてしまう人間がいて。

猫の樹さんが立て続けにそのような現場に遭遇しているのを拝見して、複雑な気持ちです。
どうか優しい里親さんが見つかりますように。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ