●虹の子は、JAMET(NPO法人日本ムーブメント教育・療法協会)北海道支部としてムーブメント教育・療法を紹介しながら、子どもたちの発達支援、ご家族の子育て支援を目指した療育活動や余暇活動を提供しています。 ●これまでの活動では、北海道真駒内養護学校相談支援部、石狩市こども発達支援センター、北広島市手をつなぐ障がい児者親の会「りんごクラブ」、北広島市子育てサークル「ムーブメント・レインボー」、えべつ子ども支援サークル「にじのこ」、北海道クリスチャンセンター福祉家庭相談室、岩内町障がい児親の会「ぶどうの会」、余市町教育委員会ウィークエンドサークル事業、北海道室蘭養護学校PTA親子レクリエーション活動などとのコラボレーションで、ムーブメント教育・療法活動を計画実施して参りました。その他各地での出前活動、研修会の開催などもしていますので、お気軽にお問い合わせください。

2005/3/20

『虹の子』3月のプログラム  活動の様子(プログラム)について

3月19日の活動プログラムを紹介します。
タイトル画像はプログラムDから使用したビーンズバッグです。
プログラムごとの詳しい説明や子どもたちの様子は、後日順番に紹介します。
ご意見、ご質問などはメールでお寄せください。

プログラム@始めのあいさつ、お友達の紹介
活動のポイント
(始まりの合図、自分の名前、お友達の名前、知っている人、知らない人)
プログラムAぐるぐる目玉焼き;パラシュートを使って
活動のポイント
(右回り、左回り、歌での始まりと終わり、順番)
プログラムB飛び出せポップコーン;パラシュート、カラーボール、ざる等を使って
活動のポイント
(かけ声にあわせてパラシュートの上げ下げ、色弁別、拾う、つかむ、運ぶ)
プログラムC積み木を持って線の上を歩こう;大型積み木を使って
活動のポイント
(模倣する、床のラインを意識する、両手で持って歩く、並んで歩く、合図で歩く止まる)
プログラムDビーンズバッグ(BB)あそび;BB、カラーフープを使って
活動のポイント
(自分の投げたBBを拾ってくる、お友達のBBを拾ってくる、同じ色や形でグループになる、フープとBBのカラーマッチング)
プログラムE積み木積みゲーム;大型積み木、カラーフープ、BBを使って
活動のポイント
(一つずつ運ぶルール、走らないルール、音楽が止まったらやめるルール)
プログラムFおとなりへ;大型積み木、BBを使って
活動のポイント
(リズムと動作のマッチング、右、左、3原色、1〜5までの数の理解)
プログラムGわっしょいわっしょい;パラシュートを使って
活動のポイント
(1〜10までの数称、順番、自分の年齢や学年)
プログラムH終わりのあいさつ
活動のポイント
(終わりの合図)

0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL