●虹の子は、JAMET(NPO法人日本ムーブメント教育・療法協会)北海道支部としてムーブメント教育・療法を紹介しながら、子どもたちの発達支援、ご家族の子育て支援を目指した療育活動や余暇活動を提供しています。 ●これまでの活動では、北海道真駒内養護学校相談支援部、石狩市こども発達支援センター、北広島市手をつなぐ障がい児者親の会「りんごクラブ」、北広島市子育てサークル「ムーブメント・レインボー」、えべつ子ども支援サークル「にじのこ」、北海道クリスチャンセンター福祉家庭相談室、岩内町障がい児親の会「ぶどうの会」、余市町教育委員会ウィークエンドサークル事業、北海道室蘭養護学校PTA親子レクリエーション活動などとのコラボレーションで、ムーブメント教育・療法活動を計画実施して参りました。その他各地での出前活動、研修会の開催などもしていますので、お気軽にお問い合わせください。

2008/3/9

虹の子 in りんくる  活動の様子(プログラム)について


●3月8日土曜日の10時から、石狩市総合保健福祉センターりんくるで、虹の子を楽しみました。今回は15家族ほどの参加で、幼児さんが中心の活動となりました。

●幼児さんには、会場を見ただけで走り回るタイプのお子さんと、数回経験するまで家族から離れられないお子さんがいます。慣れてきて活動を始める子供たちの表情は、思わずこちらがニコニコしてしまうほど、本当にかわいらしいものです。

●さて、今回のプログラムですが、

クリックすると元のサイズで表示します
●パラシュートとカラーボールで遊ぶ
パラシュートを見るだけで、子供たちはもぐり込んだり、乗ったり、揺らしたり、引っ張ったり。カラーボールをみんなでワッショイワッショイするのは、気持ちを合わせた素晴らしい活動です。いち、にの、さん!!で舞い上げるパラシュートをみんなで見上げるのも、最高な気持ちです。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
●プレイバンドをひっぱって、放す
石狩市のこども発達支援センターでは、新しくいくつかのムーブメント遊具を購入しました。プレイバンドもたくさんそろったので、今回はたくさんつなげて遊びました。
子どもたちは何も言わなくても、プレイバンドの特性に気がついて遊びだします。どんどん伸ばして、どのくらい伸びるか楽しみます。私はつなげてみようと指示しました。
それから、いち、にの、パッ で手を放す遊びをしました。パラシュートでもそうですが、物をつかむことより、タイミングよく放すほうが難しい子どもはたくさんいます。遊びの中で、タイミングよく力を入れたり抜いたりすることの経験が大切です。プレイバンドは勢い良く縮む力で飛んでいきます。子どもたちはそれが面白くて、繰り返します。プレイバンドは、当たっても痛くないのがすばらしいですね。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
●同じ形を探す
床にビニルテープで、丸、三角、四角の目印を5こずつつけました。形を言葉で言ったり、画用紙に描いた形を見せたりして、床の形探しを楽しみました。子どもたちは歓声を上げながら、急いで会場のあちこちの形を駆け巡りました。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
●色と形を合わせる
床の目印にフェルトを敷いて色を決めました。色と形が示されたところで、同じ色と形のビーンズバッグを運ぶ遊びを楽しみました。色だけに注目したり、形だけに注目したり、子どもによっては発達段階の違いで行動が違ってきます。また二つの条件を同時に処理することが苦手な子どもも多くいます。楽しく色と形を合わせる遊びの中で、子どもたちは自分のもっている能力をコントロールする経験を重ねます。間違いには自分で気づくことが大切ですが、遊びの中で子どもどうしの間違い直しも、貴重な学習経験ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
●遊具を使った造形活動
色や形を意識した後は、いろいろな遊具を加えて、素材も楽しむ活動を楽しみました。
タイトルの画像でピースサインの子どもたち。おにぎりを模したビーンズバッグを使って目玉をつけてみたそうです。はじめはお城だと言っていた造形物が、いつの間にか生き物に変身してしまったのです。子どもたちの自由な発想と、色、形、素材を楽しむ感性が、造形活動という遊びの中で充実感と結びつきます。

●何かに没頭する体験が、子どもたちには重要な学習経験です。没頭しているとき邪魔しない・・・スローライフはそういう意味でも、大切な生き方かもしれませんね。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL