●虹の子は、JAMET(NPO法人日本ムーブメント教育・療法協会)北海道支部としてムーブメント教育・療法を紹介しながら、子どもたちの発達支援、ご家族の子育て支援を目指した療育活動や余暇活動を提供しています。 ●これまでの活動では、北海道真駒内養護学校相談支援部、石狩市こども発達支援センター、北広島市手をつなぐ障がい児者親の会「りんごクラブ」、北広島市子育てサークル「ムーブメント・レインボー」、えべつ子ども支援サークル「にじのこ」、北海道クリスチャンセンター福祉家庭相談室、岩内町障がい児親の会「ぶどうの会」、余市町教育委員会ウィークエンドサークル事業、北海道室蘭養護学校PTA親子レクリエーション活動などとのコラボレーションで、ムーブメント教育・療法活動を計画実施して参りました。その他各地での出前活動、研修会の開催などもしていますので、お気軽にお問い合わせください。

2005/3/29

プログラムC積み木を持って線の上を歩こう  活動の様子(プログラム)について

 プログラムC積み木を持って線の上を歩こうでは、大型積み木を持って体育館の床のラインをガイドにして歩きました。
 先頭の人に続いて歩くこと、ラインの色を指定して特定のライン上を歩くこと、音楽を聞きながら歩くこと、停止の指示に従うこと、などの条件を加えました。
 視覚刺激と運動の組み合わせ、聴覚刺激と運動の組み合わせで、子どもによってはどちらかのみ得意な場合もありますが、特に強制するものではなく、楽しく主体的に必要な感覚を使って活動することが望まれます。
 子どもによっては自分でラインの色を決めて活動したり、積み木の持ち方を工夫したり、わざとみんなと違う線上へ移動したりするなど、自分で楽しさをアレンジする様子も出てきました。
 運動機能にハンディのある子どもにとっても、この積み木は大きすぎず小さすぎず、重すぎず軽すぎず、というちょうど良さがあります。得意になって運ぶ様子がとっても誇らしげで、その笑顔がかわいらしいのでした。
 この活動は次のプログラムを展開するための隊形を作る目的で行いました。最終的にみんなで四角形に並びました。
 次回はプログラムDについて説明します。クリックすると元のサイズで表示します
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL