●虹の子は、JAMET(NPO法人日本ムーブメント教育・療法協会)北海道支部としてムーブメント教育・療法を紹介しながら、子どもたちの発達支援、ご家族の子育て支援を目指した療育活動や余暇活動を提供しています。 ●これまでの活動では、北海道真駒内養護学校相談支援部、石狩市こども発達支援センター、北広島市手をつなぐ障がい児者親の会「りんごクラブ」、北広島市子育てサークル「ムーブメント・レインボー」、えべつ子ども支援サークル「にじのこ」、北海道クリスチャンセンター福祉家庭相談室、岩内町障がい児親の会「ぶどうの会」、余市町教育委員会ウィークエンドサークル事業、北海道室蘭養護学校PTA親子レクリエーション活動などとのコラボレーションで、ムーブメント教育・療法活動を計画実施して参りました。その他各地での出前活動、研修会の開催などもしていますので、お気軽にお問い合わせください。

2009/5/10

5月9日(土)虹の子 in しっぷ保育園  活動の様子(プログラム)について

クリックすると元のサイズで表示します
●5月9日、石狩市内厚田区の、聚富(しっぷ) 保育園にお邪魔してムーブメント遊びを楽しんできました。この保育園の名前は地名なんですよ!北海道らしい地名ですよね。それに漢字だけでは到底読めません。
●そんなことはさておき、虹の子の会場としては今回が初めてで、4名の園児さんが元気に迎えてくれました。




●これまで石狩市こども発達支援センターで連携してきたY先生、F先生に加え、I先生とも連携支援が始められて、嬉しい活動日になりました。
●プログラムは初回なのでシンプルに考え、こどもたちが興味を示した遊具から利用して、フリームーブメントを始めました。フワフワデコレーションボールを卵パックに詰め込んだり、パイプを並べたり、パイプにデコレーションボールを詰めて吹き飛ばしたり。こどもたちの楽しみかたから、様々な発達状況がわかりました。
●集団活動へ導入するためのプログラムには、パラシュートを利用しました。数を数えてパラシュートを舞い上げる活動では、10まで数えるとタイミングがずれてくるので、「いち、にの、さんで、それ〜\(~o~)/」と手を放し、パラシュートを天井に貼り付けて楽しみました。何回も何回も楽しみました。
●一緒に活動する雰囲気ができたので、始まりの会をして、「ぐるぐる目玉焼き」「飛び出せポップコーン」「ポップコーン集め」などの虹の子スタンダードプログラムに取り組みました。
●画像が調整できたら、改めてプログラムをご紹介します。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL