2014/2/15

人を変える場面・・・  
 羽生が金メダルを取ったか。FPを心配していたが・・・ライバルも一緒にこけてしまっては・・・棚からぼた餅である。彼にはこれからの伸びしろが途方もなくある。絶対的な王者に進化するはずだ。彼の成長が楽しみだ。
 ハーフパイプの二人、女子ジャンプの二人そして羽生と10代の若者が世界で活躍している。これはとても興味深い。一年前の羽生は見ていられない位のか弱さだった。それが僅かの間に頂点に立つ成長をした。その変わり様に驚く。
 羽生は大失敗をした経験がある。プレッシャーを身にしみて経験していた。かたや沙羅は順調すぎてオリンピックに向かった。それが重圧になったのである。『優勝するのが当然・・・』それは10代の若者には精神をコントロール出来ないことになった。迷いの中で本番となった。映像で見る不安な彼女の顔を始めてみた。・・・幸いなのは日本人全員が彼女をかばっていることである。我が子や孫の様な気持ちで彼女を見ていることである。これは彼女にとっては貴重な経験になったと思う。彼女はジャンプのクイーンにきっとなると思う。
 スポーツというものはすごいシビアなものである。練習をすれば結果が出るというものではない。才能があるから勝てるものでもない。普段出来ることが出来なくなったり、逆に普段出来ないことが出来たりもする。だからスポーツは面白いのかもしれない。
 太鼓の演奏などはてき面である。普段の練習では情け無い演奏をするが、どういうことか本番ですごい演奏をしてしまう。逆に練習ではいいのだが本番で撃沈とか。気の持ち様で様変わりなのである。
 『こいつがこんな演奏をするのか!』という驚嘆を望んでいるのである。それは突然起こるのである。それにはそのチャンスとなるシュチュエーションを作ってやらなければならないのである。
 海外で大化けした演奏をした奴を何人も見てきた。それは閉じこもった心を開放したかのようであった。子供達に必要なのはそういう場面である。
1

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ