2016/8/25

メンバーの誇り・・・  
 農業祭が明後日になった。明日は朝から会場設営である。本番の土曜日は良い天候の予報だが、明日が雨である。合羽を着てぼちぼちやるか。雨でやれないところは土曜日の午前中に変更する。『宵祭り』開始の5:00までに準備が出来ればOKである。雨が多い今年の夏・・いや春からか、土曜の夜はそんな憂さを晴らすかのように人が集まるのでないだろうか。子供盆踊りの景品は去年の倍を準備した。・・・まさかこれで足りなくなることはあるまい。
 毎年、仮装に何組が参加してくれるか冷や冷やしている。開催要項をウェブページで公開している。そのページにカウンターを付けた。今現在で83である。私自身が数度確認しているので70件位は訪ねてくれているのだろう。その中で何人が仮装に参加してくれるか?それは解らないがデーターとして残しておきたい。
 自衛隊の記念事業に呼ばれたのは、農業祭の準備を手伝いに来た担当者が演奏会を見て感動してのことだった。そしてうちのメンバーの一人が自衛隊へ入りたいと願書を提出していた。その話も担当者に伝えた。明日の準備には彼らが手伝いに来てくれる。顔を合わすのが楽しみである。
 太鼓を続けてきたことで様々な縁が生まれた。それは太鼓界だけでなく広い分野にである。姉妹都市のキャンビーや地域の様々な団体、そして書道界があったりそして今回は自衛隊である。そんな縁が生まれ愛されてきたのは、常識を重んじた活動をしてきたからだと思っている。威張らず、気張らず・・・しかし絶えず前向きな活動をしてきた。そして自由で伸びやかな活動である。それはチーム活動だけでなく、自発的な学校祭やプロジェクトなどに進化している。創造性を生み出す役目も果たしているのである。
 演奏する為の技術だけを教えているのではない。イベントを運営するノウハウも彼らは学んでいるのである。農業祭の『ふれあい宵祭り』を主管することがお手本になっているのである。農業祭のメイン事業を担うことは、メンバーの誇りとなっているだろう。
0

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ