2008/3/25

成長の旅  
 せっかく太鼓をしているのであれば、メンバーにはやって良かったと思ってほしい。それだけ魅力があって、達成感のあるものにしたい。
 智〇に尋ねた。『何が一番思い出だ?』『ハワイ公演』という返答だった。一〇は、その前の『キャンビー公演』だった。
 この二回の海外公演は、子供達にとってすばらしい経験と思い出を残した。いや、私達大人も大きな財産を作ったと思っている。
 費用もそれなりにかかった。『何で海外へ?』という者もいた。だが、これは行った者しか理解できない。どんなに言葉で言っても、経験を告げることは出来ない。
 今では海外旅行も簡単に行ける時代になった。遊びに行く海外にはお金を惜しみなく使う。だが、太鼓を打ちに海外へという大義名分は中々発想されない。
 私達のチームは2度の経験をつんできた。しかし、この環境を作ることはすごくラッキーなことが積み重なってのことだった。姉妹都市があったこと。そして受け入れしてくれたこと。公演が出来る曲目を持っていたこと。行かしてくれる理解を周りの人が持ってくれたこと。行政や地域が応援してくれたこと。通訳者などの応援してくれる支援者がいたこと。・・・・
 そんな多くの理解者がいて、いい思い出・経験を作ることが出来たことを感謝してほしい。お金を出せば何でも出来ると思っては困る。いい人達が集まってこんな経験が出来きたのである。そして、みんなの頑張りが2度の公演を成功させた。
 3度目の計画はある。これも沢山の人達の応援が無いと実行は難しい。頑張って太鼓をすることは前提にすぎない。海外に行きたいという意欲を持ち、皆が一つになって頑張れるチームが出来なければならない。
 それは身体も心もキツイ試練の旅になる。でもそれは人を大きく成長してくれる旅である。皆になんとか経験させてやりたい・・・。
クリックすると元のサイズで表示します
0

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ