2008/3/31

愛情のあるチームへ  
 6人兄弟の5人がメンバーにいる。おしめをしている6人目も家で練習しているそうだ。前回の練習でその5人のメンバーでのチームが組めた。1年生の隼〇が1年の歳月で、おねえちゃんお兄ちゃん達とチームを組めるほど成長した。
 この兄弟達の家族は一家中で子供達が太鼓が出来るようにサポートしている。もちろん他のメンバーの家族のサポートにも頭が下がる。家族が応援してくれたり、周りの人達が支援してくれれば子供達も一生懸命になる。そんな子供達は、本当に楽しそうに太鼓をしてくれる。先生もよく言う。『みんな生き生きと太鼓をしている』と。
 練習でも出演機会でも、会の中にぎすぎすした所が無い。いつも和気あいあいとしている。他団体がうらやむような雰囲気である。そんな時にいつも感じる。この子達は家族や周りからしっかり愛情を受けていると。
 中には片親の子もメンバーにはいる。そんな子達も太鼓に来ている時はみんなが兄弟であり、時には親であり叔父さんや叔母さんの役目をしている。
 すごい太鼓チームになることが目的ではない。しかし、見ている人から『上手だね、すごいね』と言われる位のチームではいたい。それは子供達に自信と勇気を持ってほしいからだ。
 愛情にあふれたチーム作りをこれからも目標に進めたい。

クリックすると元のサイズで表示します
0

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ