2008/4/29

ゴールデンウィーク  
 ゴールデンウィークとなった。地方に就職した何人かから練習に顔を出すという連絡が来ている。久しぶりに先輩達の迫力ある太鼓を後輩達に見せてやってほしいと思う。そして後輩達の成長しているところも見てほしい。
 今の時代、人と人との繋がりが希薄になっている。隣の人が何をしているのか解らない。顔を会わせても挨拶もない。会社勤めをすると、隣人との付き合いも中々出来なくなる。仕事によってはいつ帰宅するのも確約できない。どうしても会社中心の生活となる。たまの休みは休養したい。遊びたい。
 田舎生活はすごい。顔を合わすことがないと途端に電話がきたり様子を伺いに来る。冠婚葬祭もみんなが助け合って行う。困った時には声をかければすぐ応援に来る。具合の悪いことは秘密にしようとするが、知れ渡るのは時間の問題だ。
 どこの世界も、一言多い人間もいるしおしゃべりな人間もいる。余計と思うようなお節介をする者もいる。でも、そういう世界はありがたい世界ではないだろうか。人情味がありギスギスしてないほのぼのとした世界だ。
 うちの太鼓チームは、そんな太鼓チームでありたい。『太鼓を教わる』それは前提だ。が困った時は助け合い、うれしい時はみんなで喜びあう。余計なお節介といわれても心配する。そんな人を思う気持ちを養うことが大切だと思う。
 先輩の何人かが里帰りする。そのつき合いを栗沢太鼓が存在する限り続けたいものである。
0

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ