2009/2/6

優勝よりも成長である  
 昨日の夜、和〇連の新年会が催された。久しぶりに他団体の人達と話が出来た。話題の中にはJrコンクールに出場するチームのことが多かった。愚痴や零しネタが多く、もう少し楽しい話題が出る団体に成長していきたいものである。
 コンクールの苦情のことを耳に挟んだ。本部にまでその苦情がいっているという情けない話も聞かされた。タイムレースとは違い審査員の評価は様々である。出場者はどんな結果でも受け止めなければならないはずである。審査結果が気に入らないからといってその度に苦情を言っていてどうしてコンクールなど開催されようか。ビックリしてしまう。
 コンクールに出場するからには当然いい結果を目標にするだろう。しかし、それは練習や子供達の意欲を引き出すためのことである。その取り組みや課程が子供達を成長させることに繋がる。それが本来の目標である。それを優勝することが大目標になってしまい、結果ばかりを重んじてはどこに子供達を成長させていかれようか。そこには醜くい嫉妬心や憎悪をつくってしまう。そんな中に子供達を巻き込んではほしくない。誰がどういう考えで苦情を言っているのかは解らないが、そんな考えの者は来年からは出場してほしくない。
 高校野球の一人の選手がエラーをした。そしてそのチームは甲子園に出場できなかった。その彼はその失望感に精神がおかしくなった。そんなことがTVで紹介されていた。太鼓だってそんなことは起きる。誰かが間違い、失敗し、コンクールで結果が出なかった。さてそれをチームは、メンバーはどう対処するのか。優勝することよりもこのことの方が大切なのである。
 子供達が成長させていく為のコンクールであり、その為の出場であってほしい。結果は審査員に任せればいいのだ。大人が子供達の成長に足を引っ張るのであれば本当に情けないことである。
0

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ