2007/1/30

暁の音  
 「暁の音」は栗沢太鼓20周年記念曲として作成された。10周年記念曲から10年振りに作られた待ちに待った新曲であった。この曲はこんにちまでの栗沢の町の歴史を表現したものである。
 20周年を迎えたこの年はハードスケジュールの年となった。前年の秋からは「栗沢の四季」の復刻、そして発表。ジュニアコンクールへの挑戦。「暁の音」の作成。キャンビー公演の練習とめまぐるしい日々であった。しかし、ジュニアのメンバー達は意欲的にこのスケジュールをこなし急速に技術を上げていった。
 「暁の音」は栗沢太鼓同志会20周年式典で厳かに披露された。式典に招待した方々に新しい栗沢太鼓の側面を披露し20周年式典は大成功の中で終わった。更に、この曲を得ることでキャンビー公演が余裕を持って取り組めたのである。
 25周年を迎える2年後に再びキャンビーにへと計画中である。しかし課題はいっぱいある。費用はもちろんだがメンバーみんながキャンビーに行きたいという気持ちがあって、みんながそれに向かって練習し技術を上げ一時間を越える演奏曲を習得する第一条件をクリアしなければならない。そして、行きたいから行かせろではなくて、行くために自分はどうしなければならないかを考えてほしい。お父さんやお母さんや家族が行ってこいと応援してくれる為には、一生懸命努力して頑張っている姿をみせなければならない。その努力が無いのならこの計画は中止せざるを得ない。
 今、その第一歩にこの曲「暁の音」の習得の練習を始めている。「暁」とは夜が明けることである。この曲を習得しなければキャンビーへの夜明けは無い。
クリックすると元のサイズで表示します
0

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ