2009/10/30

一緒に花開く・・・  
 コンクールが終わっての最初の練習日。インフルエンザは小学校へ、2年生が学級閉鎖。1〜2年生は全員が欠席、その兄弟も休んだ。出席したメンバーにコンクールの感想を一人一人聞いた。『緊張した』という言葉は聴かれず『楽しかった』『疲れた』という声が多かった。『来年は3位以内を目指そう』という目標にみんなうなずいた。その後コンクールのビデオを見てまた新たなファイトが生まれただろう。
 誰も大きな失敗がなかったことが大きかった。それが自信と次の目標をはっきり持つことに繋がった。その後の練習は自由練習とした。コンクール前の緊張した練習とは違い笑顔いっぱいにそれぞれ練習を楽しんだ。
 主任コーチと来年への対応策を話し合った。今年の経験から課題曲は2ヶ月前からの練習で対応できる。自由曲はこれから取り掛かり早い段階で完成させる。低学年が多いチーム事情ではこういう対応をしなければ、高学年以上のチームとは対等には戦ってはいけない。この幼いメンバーで旋風を巻き起こしたいという気持ちもある。
 今年の自由曲は流れが途切れないスカットした気持ちのよい曲に仕上がった。ソロとソロとの間を無くした事がよかったのだろう。しかし全体で打つ場面が少なかったということが反省材料でもある。
 個人の技術を見せることを持ちながら、全体での演奏を増やしそしてより複雑な曲に進化させていく。その為には低学年達の上達が鍵となる。
 高い目標を持って、そしてみんなと楽しみながら取り組んでいく。その姿勢は変わらない。うちのメンバー達は中々のものだと改めて感じた。先輩達は自分達が果たせなかったことを彼らに託している。一緒に花開くことを望んでいる・・・。


クリックすると元のサイズで表示します
0

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ