2009/10/14

NZの教育のベース  ニュージーランドの教育

ニュージーランドの教育のベースは、
1.掴みに行く教育:
  与える教育の逆。子供たちが、自分で、何をしたらいいのか?何をしたいのか?どうしたらいいのか?どうすれば出来るのか?などを考え、そのためには先生に、親に、友達に、「何を」「どう」「いつ」「どこで」「なぜ」「どちらを」すなわち5W1Hを的確に判断し、自らが調べたり、聞いたりすることを主とする。
2.ルールとRespectありき!
  ルールは絶対に守る。例外はほとんど認めない。その子、その子の事情は考慮しないといけないけれど、基本的にルールを守らなければ、次のステップはない。ルールを守らないといけないことを、身をもって感じることを大人は仕掛ける。また、学校教育の中で、先生たちが常に、一番よく使う言葉が「Respect(敬い、尊敬)」である。多くの学校が校是にRespectを使っている。これは人だけでなく、物にたいしてもつかわれる言葉であり、Moralを保つために一番大切な言葉だと私も思います。
クリックすると元のサイズで表示します
街や公園にごみが無いのは、この教育の結果かな

毎年2月に行われるフラワーフェスティバルの2009年ガーデンコンテスト優勝者のお庭。1年中見学者が訪れるので、手入れも大変
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ