2011/3/11


現地マネージャーより近況がきましたのでご覧ください。

 2月22日の地震後以来、学校は休校していましたが、昨日(3月9日)から、学校が再開しました。被害の集中した、シティはまだ立ち入り制限区域になっていて、シティーを中心に運行している市バスは前面運行していませんが、NZESCのほとんどの生徒は、シティーを通らないバス路線ですし、スクールバスも運行していますから、問題なく通学できています。
 今日、昼休みに学校を訪問し、みんなに会って来ました。地震後の休校が長く外出もままならなかったため、時間を持て余していた感もあるので、学校が始まって、みんな一様にいい笑顔を見せてくれましたが、休みが長かった分、生活のリズムが乱れて、体がだるく感じる生徒もいました。4月16日から、2週間の秋休みは、予定どおりなのかはまだ分かりません。クライストチャーチ全域の学校が、昨日から再開されたわけでもなく、東部地域を中心に小中高あわせて、9つの学校が、再開出来ないほどのダメージを受けており、被害のなかった高校の校舎を使って、午前部(8:00am〜1:00pm)と午後部(1:00pm〜6pm)に分かれて学校を再開するところもあります。合併を余儀なくされた学校も、そうでない学校も公立は、来週からの再開を目指しています。ミドルトンは、公立高校ではありませんから、合併はありませんが、他校からの一時的な転入を一部受け入れていて、違う学校の制服を着た生徒達がちらほら見受けられました。
 今回の地震は、生徒たちは学校で被災しましたが、300人を超える死者、行方不明者が出た大惨事でありながら、学校での重傷を負った生徒や行方不明者、そして死者が出なかったこと、また、ミドルトンや、生徒のホームステイ先の被害もほとんどなかったことは、まさに不幸中の幸いです。まだまだ、一日に数回は余震を感じます。ですから、常に避難方法、安全管理を意識した生活、そして一日も早く、もとの生活パターンに戻れるよう励ましています。
生徒の写真の一部をご覧ください
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
4




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ