2007/12/7

2度あることは、3度ある?3度目の正直?  ニュージーランド留学サポートについて

今朝も、午前2時に起床!眠い目をこすりながら(こすらなかったけれど)車で約40分先の町へ、高校生を迎えに行きました。今日は珍しく、道中結構車がいて、皆何をしているんだろう?と思いつつ、たぶん向こうも同じことを・・・・。今日も無事動物を1匹もはねることなく、クライストチャーチへ。もう一人を迎えにクライストチャーチ市内へ行き、二人を乗せて空港へ。さて、今日はチケットのトラブルがないように・・・と祈りつつ、車の中でチケットの確認!「え〜〜〜???」一人のチケットの便名とか時間が全然違う!!合っているのは、国際線の便名だけ!!日本の某旅行代理店で発行されたもの。ちょっと言葉は悪いのですが、「でたらめ!」。でも、でも、乗れないわけじゃない。国際線の便名は合ってる。だから、国内線のオークランドまでの早い時間の飛行機が空いてさえいれば・・・。空港のチェックインが始まって、一番でチェックイン!で、「何か言われるまでは、何も言わないほうがいいから」と高校生には言っておき、ちょっと知らんぷり。荷物もベルトの上で、クレームタッグも付け始めた。「荷物を入れると言うことは大丈夫かも」と高校生に言った途端。「Excuse me.この便名が違いますけど・・」きたきたきた。「どうも旅行会社のミスらしいんだけど、早い便に乗せたいんだけど」と平気な顔で言ってみた。「今日は予約がいっぱいなので、全員がチェックインが終わらないと分からないんです。」と言いながら、彼女の手には「スタンバイ」と書いた黄色い紙が握られていた。あ〜〜〜??「あと30分したら、あちらのカウンターの前に来てもらえますか?」とパスポートとチケットのコピーを返された。高校生には、「飛行機には何かのために予備席があるから・・・大丈夫だと思う。でも、日本に電話しといた方がいいかな〜。でも、夜中だからやめよう!」独り言のようにつぶやいて、一緒にコーヒーを飲みながら、ひたすら待つ待つ待つ。少し早いが、カウンターに二人で行って、「とにかく、笑顔でね」と言いながら、担当の偉い人が前を通るたびに二人で「笑顔!」。仕切っているのは、所詮人間。機嫌を損ねないように。いよいよ出発まで15分ちょっとというところで、その偉い人がもっと偉い人に見えるぐらいの笑顔で何事もなかったかのように、「じゃぁ、これね!」と搭乗券をポンとカウンターの上に。二人で「Thank you!!」の嵐。よかったね!
これ以上無いぐらいの笑顔で飛行機に乗り込む彼。写真の顔がそれを物語っているでしょ。
クリックすると元のサイズで表示します
まだかなぁ。不安顔。
クリックすると元のサイズで表示します
やった〜!当たり前なのになぜか嬉しい満面の笑顔!
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ