2008/1/6

親子留学?  留学のポイント

今日、ある方のご紹介で、このたび親子(母親と高校生の男の子)留学をされる方にお会いしました。ご主人は日本でお仕事。奥様とお子様がこちらで勉強をされるとのこと。家を借りられ、3年計画?!
拝見していて、また黙っていられず、ついつい・・・・・。
親子で生活されることはもちろん決して悪いことではありません。ただ、お母様と二人での生活を想像すると、子離れされてないお母さんが、お子さんに・・・・・・。
もちろん、学校から帰ってからもすべて日本語。英語の上達もどうなんでしょう。
子どもたちは、実の親から離れて生活することによって、すごい自信をつけます。それが阻害されるような気がして・・・。相当の覚悟をしないと。日本の教育の件で、以前も書いたことがありますが、「与える教育」の弊害。それをここニュージーランドで同じことをされたら、こちらに来られた価値が半減するかも。
それから、今日ある方から、こちらの日本人補習校で、日本の教科書を使って、日本と同じ教育を受けさせて欲しいとの要望が増え、そうなりそうだとか・・・・。
ここニュージーランドに来られている日本人のご家族は、他の国と違って、会社のNZ支社への転勤とか、出向とかの方が少なく、自主的にお見えになっている方がほとんど。そういう意味では、その要望はどうなんでしょうか?もし日本と同じ教育を希望されるのでしたら、日本に帰られるべきだと思います。それこそ、こちらの補習校にしても、日本人学校にしろ、日本の税金で運営されています。そこらあたりのことを理解されているのでしょうか?日本で保護者の不道理な発言が問題になっていますが、これはまさしくそれに匹敵すると思います。そのような意見にいちいち学校(政府)が合わせるような行動は避けて欲しいと思います。
3




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ