2006/1/10

今年初の石焼芋  
夕方のお散歩から帰ってきた。
お腹が空いた、ご飯まだかな〜と思っていたら、
遠くから「い〜しやきいも〜〜」
という声が近づいてきた。

僕んちの冷凍庫には、もう石焼芋の冷凍ストックはゼロ。
ママ、今日は絶対にお芋さん、買おうね!
僕は必死にお願いした。

「ママもお芋さん食べたいと思っていたところ。
一緒に買いに行こう!」
僕はママと一緒に石焼芋の車まで走った。
「一本くださいな」

お芋屋さんのおじさんは、僕を覚えていてくれた。
「今日も売れ残りがあるんだよ。
売り物としてはどうかと思うものなんだけど・・
わんちゃん 食べてよ。」
「いつもありがとうございます。」
僕も心の中でお礼を言った。
「このわんちゃん 笑うんだあ あははっ」
おじさんも笑顔だ。うれしいな〜。

クリックすると元のサイズで表示します
早く! 早く!

クリックすると元のサイズで表示します
熱〜い でも、美味しい〜!

クリックすると元のサイズで表示します
おかわりくださ〜い!!
(真剣そのものである。)

クリックすると元のサイズで表示します
今日の夕飯です。
鮪・白米・大根(葉と根)・人参・
高野豆腐・ひじき・ごま油

食前に食べた お芋さんの分、
夕飯は少なくなっていたらしいが、
お魚が美味しかったので 満足!

今日は朝のお散歩では、レトリバーのお友達と
全力で走らせてもらったし、
夕方のお散歩では、テリアのユウちゃんと
テリアの杏ちゃんとじゃれて遊んだ。
充実したよい一日だった。
0

2006/1/11  23:36

投稿者:おぼっちゃま犬のママ
ひもぱんさんへ
ホントにおぼっちゃま犬はお芋さん、大好きなんですよね〜。真剣すぎる表情、笑っちゃいます。
ハチ公のドラマ、見ましたよ。私は飼い主が亡くなっても渋谷駅に迎えに行っていたという忠犬としてのお話だと思っていたのですが・・。実際には、飼い主が亡くなり、未亡人は和歌山の実家に身を寄せることになった、という事情があったのを始めて知りました。未亡人が犬を飼うことができなくなったことで、ハチは渋谷駅前の屋台でご飯をもらい、ご主人を待っているかのごとくず〜っと渋谷駅に居たというお話なんですね。見方によっては、「最後まで責任を持って飼ってください」という犬の悲壮な願いの物語なんですね。涙ぽろぽろでした。

2006/1/10  23:23

投稿者:ひもぱん
3枚目のおぼっちゃまの、お芋さんへ視線・・・熱すぎます(笑)
今日はハチ公のドラマしてましたが、見ましたか?私は見たいのに、見るとかわいそうで、すぐ他のチャンネルに変えてしまいました。やむを得ない事情てのは分かるんですが、飼ったからには、最後まで責任をもって面倒をみるべき・・・と思ってしまいます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ