2013/10/18

クンカクンカなのだ〜  

だ〜れもいなくたって〜
僕にはわかるんだ
お友達が来ていたこと。
クリックすると元のサイズで表示します
クンカクンカ〜 クンカクンカ〜

クンカクンカに没頭する僕を
ママは静かに佇みながら眺めている。

僕が満足するまで待っていてくれる。


そして 僕がクンカクンカをやめる頃になると
「そろそろ帰ろうか」
と声がかかるのです。

うん・・
僕がつまんなそうな表情をすると
「また明日 連れてきてあげるから・・」
とママは言うのです。

うんうん!

僕は ママの手をペロンと舐めて、
そして 一緒に公園の出口へ向って
ゆっくりとしたテンポで歩き出すのです。





コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ