2009/5/30

チャリティーウォーキング大会と里親会のお話なのだ〜  

今日は フォースさん主催の
第25回チャリティーウォーキング大会が開催されたんだ。

今回のチャリティーウォーキング大会は
 スタート: 東京の東急東横線 都立大学駅
 ゴール : 東京の世田谷にあるDog Shelterさんの里親会会場
 距離  : 約2.5km
というコースを歩いたんだって。

この大会、毎回 Dog Shelterさんを応援する主旨で開催されていて、
実際には 参加費を頂かない代わりに
Dog Shelterさんに寄付をお願いする というもの。

 *Dog Shelterさんとは・・・
   保健所に収容されて 保護期間を過ぎても
   飼い主さんが引き取りがない殺処分になる寸前の犬を引き出し、
   里親さんを探す活動をしている 民間ボランティアの団体です。
   その運営資金は ほとんどが愛犬家の方達の寄付です。

僕のママも 以前からボランティアで
ささやかながらお手伝いさせていただいているんだ。
そんなわけで、
「チャリティーウォーキング大会に行ってきますね〜」
と、雨を心配しつつ 午前中から出かけていったんだよ〜。

僕は ひたすらお昼寝に没頭しながらのお留守番。

僕にとってお留守番は ほぼ毎日のことだから慣れているんだ。
でも、今日みたいに ママがたくさんのワンちゃんのニホヒを
プンプンさせて帰ってくると 僕は玄関で
(何してきたん?)
と 即座に厳格な態度にて問い詰めることにしている。

「チャリティーウォーキング大会に行ってくるって言ったじゃない・・」
あっ・・ そうだったね・・。
「雨が降りそうだったけれど、傘を開くことなく、
 ご参加してくださった方達と一緒に 
 里親会場まで楽しく歩いてきたよ〜」
そっか よかったよかった。

クリックすると元のサイズで表示します
「ここが里親会場のDog Life Designさん。」
うんうん。
「里親会には 今回は3匹のワンちゃんたちが参加していたよ〜」

クリックすると元のサイズで表示します
まずはコーギー君。

クリックすると元のサイズで表示します
それから シーズー君。

クリックすると元のサイズで表示します
そして、柴犬ちゃん。
柴犬ちゃんは 保健所から引き出されてまだ日が浅いんだって。
エリザベスカラーを付けているのは避妊手術を終えたばかりだから。
まだちょっと辛そうな表情を見せることもあったみたいだけれど
がんばっていたそうだ。

僕は犬だからわかる。
飼い主さんに捨てられた! とわかった時の思いは
相当ショックなものだったはずだ。
それは みんなの目の表情にあらわれている。

でも、幸いなことに 犬ってのは常に前向きに生きていく動物。
里親さんが決まって 暖かい家庭で暮らし始め
新たな生活に溶け込んでいけば 辛い過去を封印して
笑顔で暮らせるようになる。
そして、一生をかけて、里親さんになってくれた方達に
『幸せ』をプレゼントするはずなのである。

クリックすると元のサイズで表示します
みんな 里親さんが決まったら 
お気に入りのお散歩コースを見つけると楽しくなるよ。
仲良しのお友達ができれば もっともっと楽しくなるよ。
クリックすると元のサイズで表示します
時には 新しいお散歩コースを開拓するのも面白いよ。
そこで、また新しいお友達ができれば もっともっと面白くなるよ。
クリックすると元のサイズで表示します
できたら 毎日必ず行きたくなるような
お気に入りの場所を見つけると最高だよ。
そこに伏せをして 気持ちがよかったら にっこり微笑むといいよ。
そうすれば 人間のみなさんもにっこりして
幸せな気持ちになれるみたいだから・・・。

<今日の僕の夕飯>
クリックすると元のサイズで表示します
 牛肉・鶏肉・オートミール・じゃがいも・胡麻・
 水菜・きゅうり・キャベツ・人参
クリックすると元のサイズで表示します
「たくさん食べな〜」
うんうん・・ ガツガツ・・
クリックすると元のサイズで表示します
「美味しかった〜?」
うんうん・・ ペロリン♪

里親会で頑張っていたみんなは夕飯を食べ終わったかな?
いろいろと気を遣って疲れただろうから もうぐっすりと寝ているかな?
みんなの暖かいおうちが決まりますように と祈りながら
今日はもう寝ることにする。おやすみなさ〜い。



2009/5/31  22:50

投稿者:おぼっちゃま犬のママ

このところ うれしいことに、
速いテンポで里親さんが決まることが多いんです。
また 保健所に持ち込まれて引き出すことのできる状態の
小型犬の数が少ない傾向にあるということもわかり、
これもよいことなんだろうなあと捉えています。

なんでこんなに可愛いワンちゃんを手放してしまったのか・・
と 里親会で人懐っこくて 無駄吠えもしない
ワンちゃんたちに出会うたびに毎回思います。
そして、飼っていた犬を捨てた人は 一生その重荷を背負って
生きていくんだろうなあ とも思います。

おっしゃるとおり、犬を飼うにあたっては 
愛情を持って一生面倒をみるんだ
と覚悟がなされないといけないと思います。



2009/5/31  8:15

投稿者:ピカッとサリー

おはようございます。

今日は朝もはよからピッカァーーん☀ーー
ママ御苦労さまでーーす。☆彡
そういう思いのボランテイアの方々の思いが届きますように・・・
終世飼育・終世愛情のふりかけで育ててほしい〜〜!!

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ