2010/1/2

今日は箱根駅伝・往路の日 なのだ〜(PartU・犬目線の箱根駅伝応援の部)  

朝のお散歩から帰宅し、いつもどおり朝ご飯を食べて
僕は まったりと日向ぼっこ。

そうしていたら パパとママが
「そろそろ行こうか」
「うん そうだね」
などと会話しているのが聞えてきた。

ん? 箱根駅伝の応援に行くのかな?
うん そうだ きっとそうだ そうに違いない。

僕も行きたい 一緒に行きたい 
連れて行ってほしい 一緒に連れて行ってほしい。

僕は笑顔で尻尾フリフリしながら ママに心の中でお願いした。

「応援 行くの?」
うんうん!
「たくさんの人が集まるからね お行儀よくするんだよ」
うんうん!

やった〜〜〜! 
念願かなって 箱根駅伝応援なのだ〜。

クリックすると元のサイズで表示します
「2本くださ〜い」
「はい どうぞ〜」
まずは応援の旗をもらうのである。

そして国道の歩道へ。
クリックすると元のサイズで表示します
たくさんの人が 次々と集まってきている。

実は僕、0歳と1歳のときに 箱根駅伝の応援に
連れてきてもらったことがあったんだ。

0歳のときは まだ本当に小さい犬で ママに抱っこされて
無言で応援したんだよ。
1歳のときは 応援の歓声に 少々驚きながらも
無言で応援したんだよ。

それ以来 なぜか応援していなくて 今回は3回目。
楽しみなのだ 楽しみなのだ〜。

そうこうしているうちに 白バイが通過したと思ったら・・
クリックすると元のサイズで表示します
テレビの中継者が通過して
そんでもって 
ウオ〜〜〜〜 ガンバレ〜〜〜〜〜
ってあちこちから声が上がって
ちょっとびっくりしていたら 
どうやら一瞬のうちに 選手は走って行ってしまったようだった。
クリックすると元のサイズで表示します
そう、犬の僕は 目線が低くて
選手は見えなかったのであった・・・。

そして 前回と同様 
旗を振ることも 声を出してがんばれと言うこともできない僕は 
無言のままなのであった・・・。

「応援ありがとうございました〜」
と言いながら 走っていく車が通り過ぎると
応援していた たくさんの人たちが一斉に動き出した。
「もうおしまいだよ〜」
そっか・・。

ちょっと呆然とする僕。
そうしたら、僕のことをみつけたシーズー君が
近づいてきてくれたよ〜。
クリックすると元のサイズで表示します
(はじめまして〜)
(よろしくなのだ〜)
僕は モフモフしてもらって うれしくてウハハハハ〜♪

クリックすると元のサイズで表示します
黒ラブちゃんにも はじめましてのご挨拶〜。

クリックすると元のサイズで表示します
「楽しかった?」
うんうん!
選手は見えなかったけれど
新しいお友達ができたんで うれしかったのだ〜♪
「よかったね!」
うんうん!

大満足で帰宅した僕であった。

今日も僕はこんな風にして元気に楽しく過ごすことができた。
よい1日だった。





コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ