2006/8/31

女医○っくす  美少女ゲーム
「女医○っくす」
 
今回は、美少女ゲームを紹介。「ブルゲ ON DEMAND」より発売の「女医○っくす」です。
 
ゲームは、オーソドックスな選択肢のあるノベルもの。
 
ストーリーは、脚を骨折して入院中の主人公(名前変更可)が、院内でかつての憧れの女性である「由華梨」(担当女医)や、「沙霧」(看護婦)、高校時代の先輩「鈴」(看護婦)の3人の女性と、ウハウハな展開になる・・・というもの。
 
画面には、自分の「男らしさ」と、沙霧・鈴の「好感度」を示すパラメーターがあり、各パラメーターの上がり具合で、観られるエッチCGに変化が現れる仕組み。
 
このパラメーターは、途中に出てくる選択肢により変化するのだが、この組み合わせは中々歯応えがある。全てのシーン、CGを見る事は、結構難しいだろう。
 
それをサポートする機能としての、スキップ機能は嬉しい。高速スキップと、次の選択肢までのスキップが選べて、物語の展開を追いながらのスキップと、CGをコンプリートする目的のスキップが可能だ。
 
キャラクターデザインは「辰波 要徳」氏。氏の描く巨乳は、おっぱい星人必見の量感ですよっ!
ただ、CGの塗りがアニメ塗りなので、個人的には馴染めなかった(嫌いではないのだが・・・)
 
さて、3人のヒロインとウハウハ、と紹介したが、ハーレム展開は無し。各パラメーターの上昇により、それぞれのエンディングへ流れるようだ。この、ヒロインが3人というのは少ない感じがするが、ゲームの基本はストーリーを追う事にある。Hゲームというより、純愛路線の色が濃く、あくまで爽やかな展開を目指している。
本命は「由華梨」であり、彼女とのハッピーエンドを目指す事になるが、先の述べた選択肢の妙で難しいです。
 
ちなみに、個人的に好みのキャラは沙霧。大人だし、スケベで巨乳。これはハマる!なので、沙霧とのエンディングが無いのは、ちょっと悲しい・・・
 
Hシーンは、最近のゲームに比べるとかなり淡白。ネチネチとした描写がなく、あっさり終わるが、反って物語を楽しむには良いのかもしれない。

しかし、このタイトルどう読むんでしょうか?
0

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ