2006/9/9

2006年 10月号  DICK
2006年10月号(No.263) 
 
マニアックな特集の今号。DVDはアナルプレイ特集。楽しみな企画だが、DVDプレイヤーの調子が悪く未見・・・残念!
 
気を取り直して、本誌の感想を・・・
 
カバーガール(?)はキンガ嬢。微妙に褐色、というか浅黒い肌に、プラチナブロンドの美女。中々可愛い。下半身(腰周り)が太めだが、日本人受けする顔立ちだ。DVDでは、ディルドーオナニーを披露してくれているらしい。重ね重ね残念!
実際にプラチナブロンドの女性を見た事が無いのだが、やはりパツキンは憧れですね!
 
女優インタビューは2本共当たりだ。「ナオミ」は、アナル特集を意識してか、その尻が魅力的な女優。ルックスも東欧系(スロヴァキアとイスラエルのハーフ)の整ったもので、人気があるのも肯ける。
もう一人「シャイ・ラブ」は、眼のパッチリした可愛い系の女優。女優だけではなく、監督もこなすそうだが、数々のインタビューを読むと、この「女優」→「監督」というラインは、ある程度業界での成功例として多々あるようだ。
 
今月号にも、ポルノ映画のドキュメンタリーが紹介されている。日本では聞かない話なだけに興味がある。
日本のAVも、パフォーマンスだけならば、海外ポルノと似てきているので、今後このような展開もあるのかもしれない。AVの地位が上がるかどうか?
 
ポーンニュースの中で、車椅子の女優がデビューとあった。障害者差別を訴えての事らしいが、何か履き違えている感じもある。需要があるのだろうか?
 
「世界一周風俗紀行」は、チェコ編。美人ばかりの国というイメージがあるが、実際その通りらしい。イッてみたい!
 
本誌の内容は大分落ち着いてきている。しかし、何度も繰り返すが、グラビアが少ない!一応スキンマグなのだから、グラビアにはもっと力を入れて欲しい!渇望!
0

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ